積立報告(2016年6月度)

今月の積立報告です。

無題

先月から積立商品も積立額も一切変更なし。プラチナのみスポット購入(スポットと言っても交互に買い付けているだけなのでほぼ積み立てと一緒)しています。
純金とプラチナの積み立て方を変更します

それとリスク資産ではありませんが、天引きの社内預金についても1年間延長して継続。
社内預金はとりあえず継続…

今後はこの積立ペースを守れるか…

現在は月額10万円のペースで積立投資を継続していますが、子供が生まれたこと、ダブルインカムからシングルインカムになったこと、住宅を購入したこと…などにより生活収支における外堀が埋まりつつあり、このペースもいつまで続けられるかわかりません。

現状は月収から生活費と住宅ローンを捻出すれば残りはほとんどゼロです。ただ、給与天引きの社内預金には手を付けずにすんでいるので、赤字にはなっていません。

プライベートな話をすると、投資準備資金として確保している金額は約30万円。今月を含めてあと3か月しか持ちません。ではなぜ毎月継続して投資できているかというと、枯渇しそうになるタイミングで夏と冬のボーナスが支給されるというパターンです。

つまり、生活はボーナスに依存していませんが、投資は依存している、アテにしている状態。ボーナスは金額が完全に保証されているものではありませんから、あまり良いとはいえませんね。。。

いままではボーナスの使いみちの中の大半が、貯金でした。そしてこの貯金のほとんどが投資準備資金として毎月の積立に活用されてきました。しかし今後は住宅ローンとの兼ね合いが出てくるので(ボーナス払いの設定はしていませんが繰上げ返済はしたいと思っている)、どちらを優先するか考えなければならなくなります。繰上げ返済しつつ、投資資金も確保…という手もありますが、今までのような金額では確保できなくなるので、月10万ペースを見直さなければならないかもしれません。

ただこの10万ペースを崩してしまうと、NISA枠を最大限使うことができなくなります。私としては非課税メリットを最大限享受したいと考えているので、あまり妥協したくありません。

さて、どうしたものか。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。