今のところの住宅ローンの繰上返済

不動産/住宅購入

ID-100427854

 

 

 

 

 

 

 

住宅ローンの繰り上げ返済、いまのところムリなく適当にやっています。

ムリなくというのは、少額ということ。株主の配当金や貸し株金利など臨時収入分をちょくちょくと。

低金利の今、血眼になって繰上げ返済する必要性は薄い。ローン控除の利点は大きいし、団信保険などの保証も大きく確保できていると考えればなおさら。

おまけに私の借入条件の場合だと、(最初の10年については)繰上げ返済はやってもやらなくてもあんまり損得がなさそう。

関連記事
住宅ローン繰上げ返済の損得勘定

返済プランは月給のみでボーナス時は設定していません。ただし返済癖はつけておいたほうがいいと思っているので、ボーナスが支給される際には少しだけ返済に回す予定でいます。

返済方法は「期間短縮型」ではなく「返済額軽減型」で。一般的には期間短縮型のほうが利息軽減効果が高いと言われていますが、返済額軽減型で負担を減らした分を再投資に回せば条件はほとんど同じになりますのでそこは好みの問題だと思ってます。

これからもムリなく、ただし適度に繰り上げていきます。

コメント

  1. 山崎  より:

     いつもブログを楽しみに拝見しています。
    ひとつ質問させて頂きたいのですが、住宅ローン控除をして税額控除を受けて
    納税額がほとんどない場合、ふるさと納税するとどうなるのでしょう。
    ふるさと納税の方が優先されて税金が軽減されるのでしょうか?
    よろしくお願いします。

  2. nantes より:

    >山崎さん
    所得税はゼロになりますが、住民税はローン控除限度額が135,000円となっているので、絶対にゼロにはなりません。なのでそれについてはふるさと納税での節税が可能だと理解しています。よって併用は可だと思いますが、自治体などに問い合わせると「税理士や税務署に確認してください」と逃げられます。実際にやってみて判断するしかないと思ってます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました