私のマンションの管理費を徹底解剖【将来編】

不動産/住宅購入

ID-100154234

 

 

 

 

 

 

 

マンション管理費シリーズの最終回です。

収入編、支出編で確認したように、今のところ大きな問題は発生していません。とりあえずは不透明な会計はなさそうですし、管理費の不足や滞納などは顕著化していません。

また、一応の計画では築後30年間は管理費の値上げしないという方針となっているようです。別に法的根拠があるけではなく単なる目標に過ぎませんが、なんにしても今のところはそういうことになっています。反対にもう一方の維持費である「積立修繕費」については段階的に値上げされていく計画です。これはほとんどのマンションで同じでしょう。

年月が経つにつれ、メンテナンスが必要な部分は増えてくるし、管理費を滞納する世帯や、そもそもの空き家が発生する可能性も高くなってくるので徴収率も下がってくる懸念もあります。いまは満車で潤っている駐車場も、10年後20年後にどうなるかはわかりません。共用施設の利用率も落ち、維持費だけがかかる”無用の長物”になってしまう懸念もあります。また可能性は低いですが、理事会が既得権益化し、理事の使い込みや、全体が放漫財政に陥いることも、まったくないとはいえない。

こういった問題に対して、早めに対処できる組合(マンション)が資産価値や活気を維持できるのだと思います。専門家の意見を聞いてみる、組合を法人格にする、管理会社をコンペにかけて選びなおす、共有施設の廃止、リニューアル…こういったことを早くから意識し、住民が高齢化、貧困化する前に自分たちで解決しようとするエネルギッシュさが重要ですね。

今回はあくまで「管理費」についての考察でしたが、手元には「修繕積立費」の資料もあります。この費用についても機会があればですが、考えたことをまとめてみようと思います。

コメント

  1. すず より:

    30代・40代からマンションに住み着いて老後は自分たちでマンション維持や自治を勉強しマンション自治会みたいな物を作ることが出来れば理想なんでしょうけど…。
    でも自治会とか煩わしいからマンション住まい…矛盾が生じますよねw
    なんか…やっぱり年齢なんですかねぇ…。
    今は働いてお金があるからお金払って雑用(自治会)をやって欲しいと思いますけど年金生活になったらどんな心境になるんでしょうか。
    30代の私は自分が死んだときに所有権の消滅(売却)のしやすさでマンションを希望していますが…。
    老後はどんな考えになっていることやら。
    色々と勉強をさせてもらいました。
    ありがとうございました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました