美容室って多すぎない?

時事/雑感

ID-100320929

 

 

 

 

 

 

 

コンビニよりも多いと言われている歯医者さんが問題になっていたりしますが、それと同じくらい過剰と言われているのが「美容室」です。

私は散歩が趣味の1つですが、これは街を歩いていても本当に実感できる。

私の近所のメインストリートにも、ほんの200~300mぐらいの間に10件以上あります。それ以外に理容室もありますし、1000円カットの散髪屋もある。ちなみに同じ通りにコンビニは3件。

これが都内のおしゃれスポットであれば別ですが、千葉の郊外の駅前ですからね…
美容室と理容室は競合しないとしても、多すぎなのは素人目にもわかる。

失礼ですが、どこの美容室もそれほど客が入っているようには見えません。。。「予約なくても入れます」って、そりゃそうでしょ…と。

競合する1000円カットの質が高いのも脅威。私も利用していますが(美容室なんて値段も敷居も高いのでムリ…泣)、カットにシャンプー付で1080円(税込)です。フルコースにしても1500円。身だしなみや清潔感を保つためだけの散髪であればこれで必要十分。

これは推論というか偏見になってしまうのですが、居酒屋や小売業と違って個人経営の割合が多いので、事前のマーケティングが甘いんじゃないの?と思ってしまいます。観察しているとやっぱり入れ替わりが激しいんですよね。。。ただし1つ閉店したと思ったら同じ場所にまた違った美容室ができたりしているので、そのへんがよくわかりません。

コメント

  1. 名無し より:

    女性の客単価5,000円
    平日4人、週末7人=売上68万/月
    ここから賃料、光熱費、シャンプーやトリートメント代、機材のリース代/償却費などを引くと、店長個人の取り分は20万-30万程度残るのでは。個人事業主だと、手取りもほぼ同じ額でしょう。美容室に雇われると、勤務は長時間、手取りも20万もらえないでしょうから、独立した方が賢明と思われます。
    売上がこれに達しない場合は、地域をガラッと変えると上手くいくこともあるので、店じまいして競合の激しくない辺鄙な地域に引っ越ししていると思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました