ダブルアクセスができる立地は心強い

ID-10092951

今日の関東地方は台風の影響で大荒れでした。
私の住んでいる千葉県でも、午前中から降り出し、今も降り続いています。

こういう状況で改めて思ったのが、マンションの立地の重要さ。
会社から帰宅する際、住んでいる立地で明らかに帰宅困難度に差が出ます。

会社の近くに住めるような恵まれた人はほとんどいません。多くの人は都内、都外から電車で通勤しているわけですが、こういう日なので「運休」と「遅延」が相次ぐ。

私のマンションは郊外ではありますが、徒歩圏内で2駅3路線が使えます。1つでも動いていれば通勤、帰宅が可能なので、こういう時は心強い。いまのところ3路線すべてが全滅したことはありません。

たとえば駅徒歩1分のマンションは資産価値を維持しやすいものの、それが1路線しかないとアクセス強度としては脆弱です。いくら駅に近くても、その駅にすら到達できないようでは意味がない。

個人的な意見になってしまいますが、これからマンションを買おうと思っている方には、ぜひ「駅近+複数路線」の立地を候補に入れてほしいと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。