雑損控除の申請準備も立派な防災対策の1つ

税金/年金/保険

ID-100286699

 

 

 

 

 

 

 

今年も地震や集中豪雨による災害が頻発しています。
まさに災害列島、日本に住んでいる限り安心、安住の地はありません。

落ちついたら雑損控除を
災害直後はそもそも身の安全を図ることが第一です。普段の生活を取り戻すのにも時間がかかるでしょう。時間をかけても完全には戻らないかもしれない…

落ちついたらかならず雑損控除を申請し、税金を安くしてもらいましょう。
雑損控除は所得控除の一種で、次のような場合に適用、申請できます。

国税庁:災害や盗難などで資産に損害を受けたとき(雑損控除)より抜粋

 (1) 震災、風水害、冷害、雪害、落雷など自然現象の異変による災害

 (2) 火災、火薬類の爆発など人為による異常な災害

 (3) 害虫などの生物による異常な災害

 (4) 盗難

 (5) 横領

細かい計算式は国税庁のHPを参照してもらうとして、大事なことを1つ書いておきます。それは、普段から雑損控除の申請準備をしておくこと。災害が起こってしまってからでは、時間的にも精神的にも余裕がないと思われるので、やろうと思ってもできませんし、それどころではなくなります。

事前に準備することと言っても、以下の2点を確認すれば十分かと思います。

 ・制度の概要を理解しておく(適用範囲、計算式、申請先、申請期限など)
・大まかな家電、家財リストを作っておく(購入額、製造メーカー、型番などをメモ)

特に家財リストを事前に作っておけば、申請に要する時間の大幅短縮が期待できます。少しの時間で大きな成果ができますので、防災対策の1つとして取り組んでみてはいかがでしょうか。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました