専業主婦世帯で配偶者控除が廃止されても負担増にならないケースがある

税金/年金/保険

ID-100240525

 

 

 

 

 

 

 

先日、配偶者控除廃止の議論が始まっていることを書きました。
実現すると、我が家でも年間7万円程度の負担増になる計算です。

配偶者控除廃止の議論は毎年の恒例行事!?

ところがどっこい、配偶者控除が廃止されたとしても我が家のケースでは負担増にならないことがわかりました。冷静に考えてみたら、あっ…もしからしたら影響ないかも!?と思った次第です。

どういうことかというと、カラクリは住宅ローン減税。私は約3500万円の住宅ローンを抱えていますので、年末にはその1%の額が所得税や住民税から税額控除されます。

ところがそれはきちんと1%分の税金(年額35万円)を払っている人の話であって、私の場合はそうではありません。つまり全額控除がされず、控除漏れが発生してしまう状況でした。つまり、配偶者控除が廃止され税額が上がったとしても、控除漏れの部分が縮小するだけで結局課税はされないですむ…というオチです。今後の年収動向や、住宅ローン残額の推移にも寄りますが、始めの数年間は所得税はゼロ、住民税も上限額までのの控除(135,000円)が期待できそうです。

住宅ローン減税の恩恵で、増税には変わりないが負担増にはならないというのが結論。
さすがに予想していなかったので、これは嬉しい誤算です。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました