35歳は3つの意味で折り返し地点

自己管理/読書/学習

ID-100439212

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、35歳という年齢になりました。ブログを始めたころはまだかろうじて20代でしたので、時の流れは早いものです。

さて、この35歳という年齢ですが私は3つの意味で折り返し地点だと思ってます。

30代の折り返し地点
これは当たり前の話ですね。35歳が30代の折り返しです。
来年あたりからアラフォーの仲間入りです。

厚労省など行政上の解釈でも若年層の定義は34歳までです。35歳以上は中年、あるいは中高年という括り。「若いからしかたがない」という言い訳は通用しなくなり、誤魔化しが効かなくなってくる。もちろんまだまだやり直しは効きますが(やり直すのに年齢は関係ない!)、現実を直視し、現実的な計画を立てなければ、挽回は容易ではないでしょう。各人が今まで築いてきたものは違いますからね。

人生の折り返し地点
日本人の平均寿命は男性80歳、女性85歳です。あくまで今年0歳の人がどこまで生きられるか…という指標なので何とも言えませんが、人生80年時代と言われています。ただし、健康寿命としてマイナス10歳を加味したとすると、男性が元気でいられるのは70歳までというそれなりの予測が立つ。そうなると35歳が折り返し地点になります。

この年齢になると、気力面はともかく体力面の衰えが出始めてきます。スポーツ界では引退する選手が出てきますし、早い人では成人病の兆候が現れたり、少なからず癌や脳卒中など生死にかかわる病気になってしまう人もいます。白髪が目立ってきたり、頭髪が薄くなる人も多くなるでしょう。私自身はまだ自覚症状はありませんが、気づいていないだけかもしれませんしね。

また、最近では生き方や価値観も多様化していますので一概には言えませんが、この時期までには「受験」「就職」「結婚」「出産」「住宅購入」というライフイベントを終えている、あるいは現在進行中ということが多くなってきているのではないでしょうか。

社会人としての折り返し地点(自分の場合)
フリーや自営業者の人には当てはまりませんが、組織に属して働いている人間にとっては社会人としての折り返し地点が迫っています。最近はあまり聞かれなくなりましたが「35歳転職限界説」という概念も根強くあります。よほど秀でた実績や資格を持っていないと、転職はできたとしても条件が悪くなると言われるのもこのあたりの年齢から。

また多くの企業では30代のうちに昇進候補、幹部候補が絞られてきます。ここの勝ち負けが人生の満足度を左右するとは思いませんが、そういうフィルターにかかることは間違いありません。

多くの企業では定年が60歳で設定されています。会社人生は約40年あるわけですが、それは定年まで働こうと思っている人の話。私にはそういう気はさらさらないので、既に会社人生の折り返し地点を迎えていると思っています。23歳から12年働いて35年。50歳になってまで働きたくはないなあぁ…という漠然とした思いが。会社人生もあと半分だと思っていれば、仕事が嫌いでも気が休まるというもの。

35歳という言う年齢に対してはいろいろと思うところがあるので、いまはその世代をどう生きるか?ということに着目して、関連する本を読み漁っています。これからの人生のビジョンをどうするか、これをじっくりと考えて検討したい。短期的には40歳までの時間をどう生きるか、どう過ごすかという点。

ためになった本については、都度紹介していこうと思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました