これから10年間はほとんど税金を払わなくて済みそう

ID-10095024

ほとんどといっても完全にゼロにできるわけはありませんが。。。

最近、これから負担するはずであろう税金について何度か税額のシミュレーションをしてみたのですが、そこで改めて認識したことは、住宅ローン控除の半端ない威力です。さすが国策という印象。

住宅ローン控除は残債の1%を税額控除するというものですが、この税額控除は確定した税からマイナスするというものなので、残債が3000万円の場合、問答無用で30万円の税をチャラにしてくれるという代物です(実際には住民税に減免限度額があるのでそうはならない)。

現在は金利が低利に貼りついているので、私自身は真面目に繰り上げ返済する気がありません。少なくとも10年間は残債1%の税額控除をフル活用させてもらうことになります。

これに加えて来年から加入予定の確定拠出型年金(掛け金の全額が所得控除)と、ふるさと納税の寄付金控除(住宅ローンと同じく税額控除)、嫌々入っている保険の生命保険料控除などを活用すれば、おそらく今後10年間は所得税がゼロ、住民税についても5万以下の課税に留まりそうです。5万円というと月々4000円くらいですから、大した負担ではありません。

もちろん、固定資産税や日々の支出に対する消費税がかかってくるので無税生活にはなりませんが、税の大半を占める所得税と住民税がほとんどなくなるという恩恵はかなり大きいと踏んでいます。車も持っていないので自動車税も払いませんし、タバコを吸わないのでタバコ税もかかりません。

10年後の税制がどうなっているかはわかりませんが、仮に今と変わらない税制であったとすると、自宅を売却し、新たに(中古でもいいから)買いなおしたほうがトクするかもしれません。なんといっても再度10年間の住宅ローン控除を受けられるわけですからね。

ただしそもそも課税されるくらいの収入がないと意味がないので、メリットを発揮するにはセミリタイアを諦めて、それなりに働いていなければならないわけですが…笑

コメント

  1. 投資王 より:

    僕は消費税まで無税にすることができます。

  2. nantes より:

    投資王さん
    なにも消費しないということですか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。