個人型確定拠出型年金についての現段階の方針

ID-100261945

2017年度から原則すべての方が、個人型確定拠出年金に加入することができるようになります。

メリットを整理すると…

 ・運用の透明性(ネットで時価を確認することができる)

・運用の自由度(自分で運用方針を決められる)

・ポータビリティ(職場が変わっても運用を続けられる)

・税の優遇(掛け金は全額が控除対象) ※職種で上限あり

こんなところでしょうか。
特に最後の所得控除は強力なので、単純にやらないと損をします。

デメリットとしては60歳まで引き出せない…ということがよく言われますが、そもそも年金なので途中で引き出せたとしたら意味がありませんよね。これはデメリットなのではなく、単なる商品の性質に過ぎません。

私はいまのところ個人型確定拠出年金について、以下の方針を決めています。

  1.加入はSBI証券

2.掛け金は限度額まで全額拠出

3.運用商品は低コストインデックスファンド(外国株式)に100%

4.できるだけ早く始める

5.妻の分はやらない

順に確認していきます。

加入はSBI証券
いろいろ比較しましたが、もっとも無難だと思いました。商品ラインナップにも良いものがあったし、手数料が安い。なにより新たに口座を開設する必要がありません。SBIグループに預金、証券、住宅ローンに続き年金まで囲われてしまう嫌いがありますが。。。

対抗は楽天証券なんですが、嫌いなんですよね、、、会社自体が。何となくですが。。。

掛け金は限度額まで全額拠出
所得控除のメリットを最大限生かすためには、掛け金を限度額まで拠出することはマストです。個人的には住宅ローンの税額控除が強力なので実は限度額まで拠出する必要はなさそうなんですが、住宅ローン控除の控除幅は年々減っていくわけだし、そもそも掛け金自体がそう大きい金額ではないので、細かいことは気にせず限度額まで拠出しようと思います。優先順位としてはNISAよりも上なので、枠を使い切れないようであればそれはNISAのほうで調整します。

運用商品は低コストインデックスファンド(外国株式)に100%
いろいろな書籍や商品を比較し、かつ自分の投資スタンスを再確認して決めました。これも絶対これ!という信念があるわけではなく、まぁこうしておくことが無難だろう。。。という発想からです。

できるだけ早く始める
書類が整いしだい申し込みをして、できるだけ早く始めます。「時間」を味方につけるのは基本セオリー。ただ、職場の方の動きが緩慢で、最近ようやく勉強会を開催したり、総務の担当者へ研修を実施し始めた段階です。会社側に書いてもらわなければならない書類もあるのですが、まだ受け付けていない様子。

できるだけ早く始めたいのですが、来年1月には間に合わないかも知れません。。。
意外とそういう会社って多いんですかね。うちがだらしないだけ?

妻の分はやらない
妻(専業主婦)も加入条件を満たすわけですが、肝心の所得控除メリットを生かすことができないので、加入する意味はほとんどなさそうです。運用益を繰り延べさせるという効果はありますが、それは通常のインデックスファンドでも一緒。むしろ、引き出せないデメリットのほうが目立ってきます。

働き出して課税所得が発生してくるようなら、その時に加入を再検討します。それで十分なはず。

コメント

  1. mack より:

    ニッセイが新しいインデックスファンドを作りましたね。
    なんかブレてると思いますよニッセイ。
    なぜ既存の顧客を大切にしようという姿勢を見せないのでしょうか。
    <購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド
    「日経平均株価(日経225)」(配当込み)の動きに連動する投資成果をめざします。購入時および換金時の手数料は無料です。

  2. nantes より:

    mackさん
    これは確かに。。。ニッセイ日経225とニッセイ日経平均、紛らわしい。
    どうせなら日経225をマイナーチェンジしてくれればいいのに。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。