SBI証券から個人型確定拠出型年金の申込用紙が届きました

SBI証券から個人型確定拠出型年金の申込用紙が届きました。

何やらいっぱい入っていて、見るからに面倒そう (+_+)
住宅ローンの契約をしたときと同じくらいの量ですね。。。

P_20161123_091323

P_20161123_091621

P_20161123_091537

申込書は記入するだけだからよいとしても、厄介なのは勤務先に書いてもらわなければならない書類。

うちの会社はまだ総務の研修が終わっていないらしく、恐らくすぐに書類を持って行っても受け付けてもらえないか、相当困った顔をされることが予想されます。

大したことで迷惑がられるのもなぁ…

とにかく環境が整わない限りはどうしようもない。
先送りは嫌ですが、この件はしばらく先送りするしかなさそうですね。

コメント

  1. kim99 より:

    退社時間ぎりぎりに電話をかけた。
    年金基金に、個人向け確定拠出年金の口座を開設したいので、
    この年金の開設資格があることを証明する書類への記入をしてもらえるか?
    意外なことがわかった。
    2017年12月に、企業型確定拠出年金に移行する計画をすすめている。
    まず個人向け確定拠出年金の口座開設の為に費やした時間、労力は何だったの感。
    次に厚生労働省も事業者にめんどくさいことをやらせる理由はそれか?
    厚生労働省の本当の狙いはそれだったのか?
    3つ目、この計画が本当に実行されるのか? 労働組合の担当者と会社側の年金担当者が毎月定例的に話し合って決めてくとは思うが、それがまとまらないケースも考えられる。
    個人向け確定拠出年金口座開設して、年金積立が50万円にならないうちに、企業型の確定拠出年金制度に強制的に移行させられることになった場合、手数料取られ損になるだけなのか? わからん。この手数料は、投資活動の経費として確定申告で所得控除できるのか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。