いまリーマンショック級の暴落が来たらどのくらい評価額に影響が出るのか

マネーリテラシー

市場分析に長けているはずのアナリストや経済評論家が全く予想していなかったトランプ相場(笑)。私も全く予想していなかったわけですが、政治家じゃない政治家が誕生してしまったので、今後の展開は波乱含みです。

さて、別に大統領選の結果だけではなく、何かの拍子でリーマンショック級の暴落が始まるとします。

その時、自分の資産はどのくらいの影響をうけるのか。
きちんと認識できている人は、どのくらいいるでしょうか。

即答できないのであれば、小難しことを考えずに、資産分析ツールに頼ってみるのも手です。

例えばこのサイト
ETF・インデックス投資を応援する『わたしのインデックス myINDEX』

やり方は簡単。あらかじめ棚卸しておいた自分の資産配分を入力し、名前を付けて保存するだけ。
保存したら、ラジオボタンを「リーマンショック」に合わせて、表示されるグラフを見てみましょう。

無題

 

 

 

 

 

 

上記は私の例ですが、仮にリーマンショック級の暴落が発生した場合、資産の減少率は25%。なので4分の1が吹っ飛ぶことになります(あくまで評価額においてですが)。この減少率に耐えられるのであればそれで良いし、ムリなのであれば、安全資産を増やしてリスク許容度を下げればいいわけですね。

上記のグラフはあくまで参考程度ですし、大雑把な部分もありますが、ほとんどそれで十分なはずです。詳細に分析したところで、市場の動きを把握する、予想するなんて無理な話。多少雑なくらいがちょうどいい。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました