電力契約容量・冬場も30Aで乗り切れそうだ

ID-10029463

半年前に、電気の契約アンペアを40Aから30Aに変更してみました。

契約アンペアを40Aから30Aに変更

当然ですがアンペア数によって基本料金が変わってくるので、容量を下げればランニングコストの節約になります。我が家は広さが75㎡、間取りが3LDKのマンションですが、夏場は1度もブレーカーが落ちることなく、乗り切りました。ちなみに私は暑がりなほうなので、エアコンを節約した記憶はありません。。。

最近寒くなってきたのでふたたびエアコン(暖房)の稼働が始まったのですが、今のところはやはり影響なし。照明、ドライヤー、テレビ、その他電子機器なども同時に使っていますが、問題なしです。

全部屋で暖房稼働 + ドライヤー + 電子レンジ + 電気ポット + 照明つけ放題・・・くらいまでやってしまえばブレイカーが落ちる可能性はあるかもしれませんが、そういう局面は現実的にはなさそう。本格的な冬はこれからですし、一般的には冬のほうが消費電力が大きくなる傾向があるようなので油断はできませんが、案外30Aでも快適に生活できるような気がします。

分譲マンションの多くが初期設定40A以上での契約となっていると思いますが、最近は熱効率などの住宅性能も向上しているほか、家電もどんどん省エネ化しています。

よほどの寒冷地だったりオール電化住宅だったりすれば別ですが、案外30Aでもなんとかなるもんです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。