iDeCo・事業所証明書の目途がついた

税金/年金/保険

P_20161123_091323

 

 

 

 

 

 

 

先日も書いた個人型確定拠出年金(iDeCo)の提出書類の件。

会社に書いてもらわなければならない書類(正式には事業所登録申請書兼第2号加入者に係る事業主の証明書)のところで、総務の受け入れ態勢が整っておらず、足踏み状態となっていました。。。
こりゃぁ、当分先送りかと思っていたのですが。。。

その後、案外と早く総務から通達が来ました。
曰く、「書いてほしい人は社内便で送れ!」とのお達し。

こういうものはさっさと終わらせるに限るので、翌日に早速担当に送っておきました。どのくらいで書いてくれるかどうかは不明ですが、何とか年内には証券会社への申し込み手続きまでを完了できそう。

ただし、会社側の説明資料のなかに、やたらと「当面の間は」という文言が多かったことが気になります。まだ、完全に運用を固められていないようですね。。。。

やれやれです。

コメント

  1. kim99 より:

    おめでとうございます。口座開設のめどがたちましたね。その課題に すごくストレスを感じていたので他人ごとながら とてもうれしい。
    そんなに頑張っている人がいるなら 私も私の残りの人生に対してがんばらないといけない気になる。
    企業型確定拠出年金の運用商品を提供する会社が、個人型確定拠出年金向けに提供している運用商品の資料を請求するために電話をしました。
    (行動する勇気は 投資してお金の力を感じられないとでてこない。)
    どの商品を選んだらいいかなんて簡単には決められない。なんてうそ、
    自分が保有している投資信託はなかった。
    じゃ、選べる運用商品か知りたい。
    (電話で対応してくれた人、すごい、、外注とは思えん。業務や、電話してくる人を想定している。)
    そこでわかったのは、企業型確定拠出年金の運用会社以外の他社の運用商品も扱えるようだ。それなら、年金を積み立てる社員に、どこの運用商品をいれてほしいかきいてくれよ。 そこでリクエストしていいものなのか? 悩む。
    労働組合は、組合員にそういう話をするものなのか?
    そんなことを悩めるって、ちょっとだけの幸せと、分かり合えない不幸を感じる。
    企業型確定拠出年金の運用商品に入れてほしい投資信託を要望する社員って
    投資してますカミングアウトになるわけで、引かれちゃう心配が、、
    投資をしている後ろめたさと、資産運用をしている豊かさ、、、
    自分という人間が どういう人間なのか知るために行動する。それが人生を楽しむってことなのか?そんな切り口が感じれました。ありがとう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました