やらないこと・やめることでラクになる

ID-100188570

いろいろなことに耐えて我慢をしても、そのあとにはさらなる我慢しか待っていない可能性がある。
そう思うことってありませんか?

最近、読んだ本の中で私の中でヒットだったのが下記の本です。

いわゆるビジネス本だとは思いますが、よくある「アレやれコレやれ」系ではなく、意味のないことはやめよう、意味のある我慢をしていこうという取捨選択の機会を与えてくれる本。

本文に指摘があるように、我慢をするにしてもその先に何か得るものがなければ意味がない。そういうものについての我慢はできるが、それ以外の我慢は有害そのもので、人生を棒に振る危険すらあります。

会社でもいますが、自分勝手な人間とまじめすぎる人間がいます。どちらが成功しているかというと、これが一概に後者とは言えない。たんなる都合のいい人になってしまって、苦労の割には報われないという人種が一定数います、そういうタイプの人はストレスを抱えることも多いので、愚痴を言う人も多い。

 ・我慢しなくてもいい環境づくりが正しい努力

・我慢を我慢と感じることなくプロセスを楽しめるようにする

この2つは本文中で特に印象に残った言葉です。いろいろと考えることが多かったので、大事な言葉はメモして手帳に写しておきました。

いろいろなことに挑戦したり、努力するためには、余計なことをやらない、やめるということも大事だと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。