年末までの検討課題の進捗

投資知識/投資方針

ID-100286699

 

 

 

 

 

 

 

2週間ほど前に年末までに検討すべき事項について、書きました。
その進捗状況を備忘録として残そうと思います。

言うだけ言って、行動が伴わないのはダメですからね。。。。

年末までに検討すべき課題

来年の生活費予算の策定
今年と大きく変わることはなさそうですが、1年間の支出実績を踏まえて新予算を検討しています。おカネをかければ生活の質が向上するとは限りませんが、だからといってあまりにも予算を削ってしまい、そこから余計なストレスを感じたり、健康を害してしまっては本末転倒。使うべきところと押さえるべきところをはっきりさせつつも、弾力性の高い予算を組むことが課題。

追記

新予算については無事に計画ができあがりました。少し予算アップとなってしまいましたが、仕方ない部分もあるので納得はしています。

来年の運用計画(積立ファンドの変更・決定)
最近は私が現在積み立てているファンドよりも、手数料が低廉なものがいくつも登場してきました。ただコストが低ければいいというわけではありませんが、それでも相対的に高コストのファンドをいつまでも積立てることに甘んじるつもりはありませんから、十分に比較検討をしてファンドの変更・決定をしていきます。

追記

積立の金額、運用する商品についても決めました。日を改めて紹介します。

今年のNISA枠の使い切り
投資余力がある状態で非課税枠を余らせておくのは単純に勿体ないわけですから、120万円という枠を使い切るように調整します。

追記

NISA枠については全額を使い切りました。目標達成です。

ボーナスの使いみちの検討
これは支給されてから考えますが、ボーナスをあてにした買い物や返済はしていないですし、住宅ローンの返済も設定していませんので、全額自由に使える状態です。

追記

使うアテもないので、結局はほとんどを貯金と投資の準備資金としました。


iDeCoの申し込み

会社の総務に書類を書いてもらうようお願いしましたが、受付はされたもののその後の連絡がありません。。。年末の忙しさに忙殺されているか、申し込みが殺到しているのか、それともどう対応するのかまだはっきりと決まっていないのかもしれません。年初からスタートするには12月中に証券会社に資料を返送しなければならないのですが、間に合うか微妙な感じになってきました。

書類が戻ってきたらとにかく急いで手続きをしたいと思います。

追記

会社での書類記入が終わりましたので、証券会社へ資料一式を提出しました。書類に不備がなければ年初から遅れることなく、iDeCoをスタートすることができそうです。

iDeCoの必要書類を証券会社に提出しました

今年の支出額の集計・整理
来年度の生活費の予算を組むためには、その参考として今年の支出分についての実績を集計しなければいけません。後ずれ請求になってしまう項目もいくつかあるので、年内に集計できる分は10月、11月あたりだと思いますが、あとあと面倒になって放置してしまわないように、集計を進めていきます。

追記

10月分までの集計については完了しました。一部、支払い時期が後ずれになってしまっている項目があるため、最終的な確定は年明けにずれ込むことになります。

確定申告の準備
確定申告は来年で3度目です。過去2回の経験がありますので、だいぶ慣れてきました。今年は初めて住宅ローン控除を申告します(2年目以降は会社で処理してくれます)。その他、年末調整で控除しきれなかったものを申告し、余計に払っている税金を取り戻します。申告書の作成自体はWebですぐできますが、毎年領収書の整理にやや時間がかかってしまうので、今のうちから確認しておきます。

追記

年間医療費の集計をしましたが、今年は控除を受けられないことが確定しました。現在は、住宅ローン控除用のローン残高証明書の発行を待っている状態です。年明けに会社から受け取れる源泉徴収票と合わせて、確定申告の準備を進めていきます。

固定資産税の対策
対策と言っても別に節税できる余地はなさそうなので、請求されたものを納付するだけですが。。。ちなみに新築住宅には固定資産税の減額措置があるようですが、私は中古マンション(完成在庫・築2年)を購入しているので、どういう扱いになるんかよくわかっていません。

追記

納付方法、納付期限については確認しました。また実際の納付額についての予想を立てました。減額措置が適用できるかについては確認中です。

全体の進捗率は8割程度といったところですかね。。。
手を付けていないものはないので、いい感じだと思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました