マンションの共用施設の利用価値 【 7 】 共用施設でトクする人・ソンする人

ID-100281410

実際にマンションを購入してみて感じた、共用施設について利用価値・必要性について語るシリーズ。今回は7回目です。今回のテーマは共用施設でトクする人・ソンする人。

私なりの考えをまとめてみました。

<共用施設でトクする人はこんな人>

・共用施設の利用率が高い世帯
(単純にコストに対して元を取りやすい)

・共用施設へのアクセスが良い世帯
(大規模マンションだと共用棟へ行くまでが大変だったりします)

・管理費負担が小さい安い世帯
(1階住戸も最上階角部屋も施設の利用権利は平等にあります)

・入居前にしっかりとリサーチしていた世帯/ある程度割り切っていた世帯
(トクということはないにしても、不満は少ないはずです)

・車を持っていない世帯
(駐車場収入>駐車場維持費 の場合に限る。その分共用施設に恩恵)

<共用施設でソンする人はこんな人>

・共用施設の利用率が低い世帯
(保険でいえば掛け捨て状態・・・)

・共用施設へのアクセスが悪い世帯

・管理費負担が大きい世帯

・入居前に十分なリサーチをしていない世帯

ほとんどの方は多額のローンを組んでマンションを購入するわけですから、共用施設の規模や種類についてはそれなりに納得して入居しているはずです。

それにもかかわらず、入居後に「こんなはずではなかった」「この施設はムダ、あの施設はイラナイ」となってしまう人は必ず出てきます。将来私もそんな風に思ってしまうかも知れません、、、、

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。