マンションの共用施設の利用価値 【 8 】 共用施設を活かすも殺すも自分次第

不動産/住宅購入

ID-100196434

 

 

 

 

 

 

 

マンションの共用施設について考察するシリーズ。今回が最終回です。
はじめに今までの記事を振り返ってみます。

マンションの共用施設の利用価値 【 1 】 実際に住んでみてわかったこと
(私が生活しているマンションの例をあげ、問題提起をしてみました)

マンションの共用施設の利用価値 【 2 】 利用価値・必要性が高い施設
(利用価値が高いと思われる施設についてまとめました)

マンションの共用施設の利用価値 【 3 】 <続>利用価値・必要性が高い施設
(見落としがちな施設についても言及しました)

マンションの共用施設の利用価値 【 4 】 利用価値・必要性が低い施設
(コストの割に利用価値が低いと思われるものについてまとめました)

マンションの共用施設の利用価値 【 5 】 評価が難しい施設
(大規模マンションにありがちな過剰サービス?について考察しました)

マンションの共用施設の利用価値 【 6 】 共用施設のコスト
(実際のコストについて検証しました)

マンションの共用施設の利用価値 【 7 】 共用施設でトクする人・ソンする人
(恩恵にあずかれる人と、コスト倒れになってしまう人の特徴を比較しました)

全7回にわたっていろいろな角度から検証してみましたが、結局のところ共用施設を活かせるかどうかはその人次第なんだと感じます。生活を豊かにしてくれる付加価値になるか、あるいはコストが気になってしまう重荷になるかは実際に住んでみなければわかりません。同じ仕様でも感じ方には個人差がありますし、利用頻度は生活スタイルによって変わってきます。

ただ後悔を少なくするためにも、いろいろとできることがあるのではないかと思います。

私の場合は事前に次のような取り組みをしていたので、いまのところ仕様には満足していますし、享受できる恩恵と比較した場合、かかるコストについても納得しています。

・共用施設の規模感や割安感が出やすい大規模マンションに焦点を絞った
・購入前に管理費計画や修繕計画を読み込み、大まかなコストについて把握した
・イメージや広告に惑わされないよう、視察を繰り返すとともに口コミ等を重視した
・必要な施設と不要な施設があったが、全体的には及第点だと結論付けた
・手軽に共用施設を利用できるよう、共用棟に近い住戸を購入した

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました