人間ドックの結果が悪いほうに想定外

自己管理/読書/学習

ID-100392713

 

 

 

 

 

 

 

2週間ほど前に健康管理、体調管理の一環として人間ドックを受診してきました。
今年の1つに健康への投資があり、その取組みの一環という側面もありました。

初めての人間ドッグ【前編】

初めての人間ドック【後編】

診断結果が返ってきたのですが、結果が最悪。。。。

引っかかった箇所が3つあり、それぞれの判定はB、C、E!!

医療機関によって記号の示す意味が変わってくるので補足の説明をすると、一応こんな感じです。

 B (軽度異常)  日常生活に異常はないが、一応気にして

C (要経過観察) 1年後に再度検査(できれば人間ドック)を受けるべし

E (要精密検査) すぐに精密検査を受けてこい!!
大病院に行きたかったら、紹介状も書いてあげるヨ!

これよりも悪いF判定(症状アリ・治療を開始して)、G判定(症状改善せず・治療継続)があるのですが、その一歩手前のE判定が出てしまいました。

職場の健康診断と違って、やや厳しめの数字を採用しているという話は聞いていましたが、まさかこんな結果になってしまうとは想定外。しかもE判定が出たのは、健康診断で検査されていない項目です。自覚症状もないので、人間ドックを受診していなければ自分でも気づけなかったはず。それだけでも受診の意味はあったかも。

とりあえずは焦っても仕方ないので(たいして焦ってないけど・・・)、精密検査を受けてくることにします。当日の体調や検査の精度によってたまたま異常値が出てしまったりすることもあるので、要精密検査→再検査で「異常なし」になる場合も、多々あるとのこと。また、そもそも正常値には個人差があるので、やはり一概には言えないとのこと。医者からは過度な心配はせず、問題の有無を確定させる目的で検査してくるよう助言をいただきました。まあ確かにそれしかないですね。。。。ここは素直に従っておきます。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました