スポーツジムに通うなら健康保険組合経由がおススメ

先日、人間ドックを受診しました。

再検査になってしまった項目もあったものの、最終的には特に問題なしという結果でした。ただ、やや運動不足の感がある(体脂肪率が高い)と指摘を受けたため、少し体を動かしたほうがいいとのこと。

私はどちらかといえば少食なので太ったりはしないのですが、運動を好んでするほうでもありません。学生時代に運動系の部活経験はないし、今の仕事もデスクワークが中心で体を動かす機会に恵まれません。

体型を維持するために時間を見つけてはウォーキングをしていますが、お医者さんには「少し負荷をかけた運動をして筋力をつけなさい」と言われました。

今年は健康に投資すると決めた1年なので、運動不足解消のためにジムに通おうと思ってます。幸いにも家から10分くらいのところに大手のスポーツジムが2つあるので、そのどちらかで。

費用を抑えたいのであれば健康保険組合が最も有利
投資したいと言っても、浪費したいとは思っていません。なので最も合理的な選択をしたい。そこでざっくりと料金形態を調べてみたところ、会社の福利厚生を使って法人会員となるよりも、会社の健康保険組合を経由することが最も割安であることがわかりました。

無題

スポーツクラブと提携しているクレジットカードを使えば割引価格で優待になったりもするようですが、それでも割引額は法人会員程度であり、保険組合経由での割引額のほうがはるかに有利です。

加入している保険組合によっては補助金を出してくれる場合があるので、使える制度がないかよく確認してみましょう。私の場合は1回当たりの自己負担額は700円で、残りは組合から補助してくれるようです。組合によっては自己負担の額が500円固定など、もっと低めに設定してくれているところもあります。

そんな補助が出るのは、大企業だけでしょ?と思ってしまうかもしれませんが、あくまでその会社が加入している組合が提供しているサービスという位置づけなので、会社自体が小さくてもやはり確認してみるべきです。〇〇ソフトウェア組合とか、〇〇医師組合とか、〇〇建設組合とか、組成単位が業界だったり地域だったりする場合もあるので組合の規模でみれば大きいかもしれない。そのまま会社名=組合名になっているのは、相当の大企業だけだと思います。私の場合も前者のパターン。

さすがに毎日通うようなヘビーユーザーであれば都度会員ではなく、無制限会員のほうが割安になりますが、余程の運動付きでなければそんなことはマズない。私の場合もせいぜい週1回程度通えればよいかな…と思ってるので、月4回としても3,000円以内で収まる計算。この程度であれば生計の維持には支障がないし、健康維持のための投資として考えれば、割り切れそうです。

それに都度会員の場合、月額固定費がないというのが最大のメリット。体調が悪かったり忙しかったりした場合も会費がムダになることがないので、それが一番いいですね。

ちなみに一番加入者が多いと思われる協会けんぽについては、残念ながら同様のサービスはなさそう。入会金無料のサービスはありましたが、対象は限定されており使いにくい印象です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。