マイナンバーカードを取得しました

去年から始まったマイナンバー制度。

セキュリティの不備、徴税の強化への懸念など、いろいろ問題点が指摘されていますが、どうせ始まってしまった制度ですから、便利に使いこなさなければもったいない。

・・・ということで、マイナンバーカードを作成しました。

マイナンバーカードの交付を受けると得られる利点はとりあえず2つ。

・それ自体が身分証明書となる
(写真付きなので免許証・パスポートと同等の効力)

・役所の発行する証明書のコンビニ交付が受けられる

このうち後者のコンビニ交付ですが、住民票写し、印鑑証明、所得証明、戸籍などの証明書をとることができ、役所が閉まっている時間でも交付ができます(私のところの場合は6時~23時)。それとこれは今回初めて知ったのですが、発行手数料が直接役所に取りに行く場合と比較して、割安に設定されています。

無題

今後は役所までの交通費や取りに行く時間も節約できるので、ラクになりそう。

発行しておいて損はないと思います。

コメント

  1. ひろしげ より:

    マイナンバーカードは有効期限があります。更新手数料が、かかります。
    これまでの住民基本カード?は同じ機能(コンビニ発行)ですが、更新かかりません。
    実質的には更新手数料がとられるマイナンバーカードはなんのメリットもないカードです。国家公務員の考えたことは国民のためでしょうか。

  2. nantes より:

    ひろしげさん
    追加で調べてみましたが、住基カードにも更新期限があり、またマイナンバー開始に伴って新規の受付は停止しているようですね。また、マイナンバーカードの更新手数料は当該自治体だと800円でした。
    有効期限は10年なので1年あたり80円。この程度であればすぐに元は取れる計算なので私の場合は許容範囲ですね。確定申告などでどうしても証明書が必要になるので。
    ただ、人によっては確かに無駄な感じがするので、個人差はあると思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。