「eMaxis Slimシリーズ」の設定発表で一番がっかりしたこと

投資信託/ETF/ETN

ID-10011923

 

 

 

 

 

 

三菱UFJ国際投信のeMaxisインデックスシリーズの新設定ファンドについて、既に多くのブロガーが記事に取り上げています。この件については、大きく2つの意見に割れているようです。

基本的には歓迎の声が多いようですが。。。

・既存ファンドの信託報酬が下がるわけではないこと
・既存ファンドの信託報酬の下がり目がほぼなくなったこと
・自動切り下げ機能による副作用の懸念
(他社が動きにくくなることで低コスト競争に終止符)

こういった、がっかり感、警戒感を感想として挙げている人も多い。

私も既存ファンドが恩恵を受けるわけではないことがわかって、正直がっかり。
一昔前から比べれば買い手も贅沢になったものですけど。。。

 

新興国株式・債券分野は無視された?

何が一番がっかりかって、新興国を対象としたファンドは完全無視されてしまったということです!国内向け、先進国向けについてはすでにニッセイシリーズたわらシリーズが高レベルな競争をしてくれているので、これ以上下がる余地はほとんどないところまできていますしね。そのぶん、新興国向けには期待していました。ここにはぜひ切り込んでほしいと思っているので、これから追加で新ファンドが設定されることを期待します。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました