被災地の自立を促す復興支援を続けていきたい

無題

東日本大震災から6年が経ちました。

私の地元も相当な被害に遭いましたので、まったくもって他人事ではありません。。。
今年もできることはないかと考えました。

震災で、勉強する場所を奪われた子どもたちに、学びの場を
微力ながら保有しているTポイントを寄付しました。

東日本大震災義援金【受付期間再延長:平成29年3月31日まで】
日本赤十字社へ義援金を送りました。

機会があれば観光にも出かけたいのですが、まずは今年の夏をめどに一度帰省してみたいと思います。

それとこれは私感ですが、単純な寄付・募金で支援をするという段階は過ぎたような気がします。息の長い支援は必要ですが、やはりどこかで区切らなければならない。これからは地元の産業振興など、地域の自立を促すためになにができるか・・・ということを考えていきたいと思います。

コメント

  1. 煙々 より:

    気仙沼ニッティングなんかを応援したい気持ちはあります。
    ただ、私に似合うかは、そればかりは分からない(苦笑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。