新社会人になる方へのアドバイス

マネーリテラシー

ID-100215023

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから新社会人になる方は、最後の春休みを満喫していると思います。
期待も大きいのでしょうが、たいていの人は不安なはず。

私の場合は不安というよりも、憂鬱でしたが。。。笑

ある程度仕事に慣れてくれば自分なりの息抜きの仕方がわかってくるものですが、最初は精神的にも肉体的にも余裕がないはず。いきなり大きな目標を立てても苦しいだけですし、最初は嫌でも仕事に集中しなければならないはずなので、まずはゴールデンウィークまで毎日会社に行くことだけを目標にすればよいかと思います。

研修制度が整っている会社であればよいですが、一部の優良企業を除けばそういう余裕がないのも現実。私の場合はまったくなく、ほとんどOJTという名の放置プレイでした。

資産運用のブログなので、その観点から3つのアドバイスをしたいと思います。

 

1 収入の範囲内で生活すること

初めはお給料が少ないはずですが、その中でのヤリクリを考えること。家賃の設定さえ間違わなければ、月10万~15万円もあれば十分に生活できるはずです。いまどきの会社は正社員であっても昇給がなかったり、ボーナスが出なかったりすることもあるので、始めから低コストの生活術が身に付けば、怖いものなしです。

 

2 小細工なしにさっさと100万円を貯めること

少ないお給料の中からでもなんとか月1万円でもいいから捻出して、コツコツ貯めること。ボーナスや残業代などの臨時収入があれば、それも貯め込みましょう。100万円貯まってしまえば様々な経済的制約から解放されます。理想は財形貯蓄や社内預金での強制天引きですが、勤務先に制度がない場合は銀行の自動積立などでもよいかと思います。とにかく自動化することが大事。

・余計な保険に入らなくていい
・余計な残業は断っていい
・余計な金利を払わなくていい
・何かあってもとりあえず当面の生活はできる
・思い立った時に結婚もできる(相手次第の面もあるけど・・・)
・行動が縛られなくなる
・自信がつく

 

3 失敗体験をよく読むこと・聞くこと

書店に行けば様々な成功体験を綴った本、ビジネスにおける指南本が置かれていますが、そもそもそういった本が必ずしも役に立つかどうかは未知数です。得意気に指南本を書いた著者が、その後に転落しているケースはいくらでもあります。

・普通の人がマネできるものではない(再現性に乏しい)
・成功の根拠が薄いものもある
・時代背景がズレているものがある

それよりは他人の失敗体験から学んだほうが確実だというのが私の主張です。こうならないためにはどうすればいいか?と自問自答することで危機感を持つことができればそれだけでも価値あり。

指南本より失敗本のほうが確実

 

仕事のことについては何もアドバイスできません。。。。笑

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました