異動してから1週間が経っての感想

年度末に会社で異動の辞令があり、4月から異動しました。

状況暗転・・・4月から残業100時間と噂の部署へ異動(泣)

とりあえず最初の1週間が終わったということで率直な感想を。

まず業務内容については異動前の部署と関連性があるものもあるが、経験を使いまわせるものが3割で、残りの7割は新しく覚えなければどうにもならないという印象。この点は結構きつい。。。

それと新しく立ち上げた部署なので、やっぱりいろいろと混乱がありますね。
たとえば、、、

・仕事のやり方が個人個人で違う上、そもそもルールが定まっていない
・前例踏襲に逃げることができない
・まともな研修がない(それぞれが臨機応変にやってくれ。。。という感じ)
・それなりに忙しい
・メンタルを削られる場面が多々ある

ただし悪いことばかりではなく、いいところも。

・個人の裁量がかなり多く、出退勤含めて自由度は高い
・人間関係は悪くなさそう
・上司は常識人で人格者。パワハラの心配はなさそう。

ただ、まだ仕事を覚えられていないので厳しい局面のほうが多いですね。そういう点では辛いんですが、いまのところ毎日定時で帰れているのでそれだけが救いですね。ここが非常に重要なところで、あの人は定時になったらさっさと帰る人だというキャラ印象を植え付けることが重要。結構忙しくて周りは初日から残業している人も多いのですが、私はそこは割り切ってさっさと帰ってます。この辺は鈍感力の問題で、周りを気遣ってしまう人、遠慮してしまう人、気の弱い人にはできないかも。私は裏で陰口を叩かれようと動じませんが、こればっかりは人によるので何とも言えません。

とりあえず早いうちに仕事を覚えてペースをつかむことが課題でしょうか。ペースさえつかんでしまえば、いい意味で抜き方がわかってくるので、そうなれば裁量の大きさ、自由度の高さがあるので面白くなってくるかも。

そうなるまで数か月かかると思うけど、のらりくらりと頑張らずに頑張りたい!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。