自分の武器・自分の適性を探すための人生戦略

ID-100211689

私は自他ともに認める仕事嫌いです。同僚にも妻にも当たり前のように公言しています。
ただし、仕事に手は抜きません。

正確にいうと適当に手を抜くことはあっても、結果はきちんと出るように帳尻を合わせます。他人からの評価が怖いというわけはなく、そうしないと余計な面倒に巻き込まれる場合もあるので、それを回避するためですが・・・

自分が取り組んでいる仕事は世の中に貢献できていると思っていますし、それなりにやりがいがあるものですが、正直なところ昇進にも、ましてや定年まで働くことについても眼中にありません。セミリタイアしたいという願望が第一ですが、そもそも会社の幹部を見ても、ああなりたいなぁ・・・とは絶対に思えないんですよね。1人くらいそういう理想の上司的な人がいいと思うんですけど、自分の目が濁りすぎているのかどうにも。。。

最近、以下の本を読みました。いわゆる自己啓発本ですが、私の中では久々のヒット。
35歳という年齢に限らず、多くの人にお勧めできます。

その中で特に印象に残ったワードを抜き出してみます。

・重要なのは肩書や名刺がなくても通用するかどうか

・地域のコミュニティに積極的に参加してみる

・30代のうちに自分の技術(強み)を完成させる

・正解主義ではなく修正主義で行く

・続けることは技術

・PDCAではなくDADA(実践と改善あるのみ)

・周囲が反対することにこそ面白みがある

・興味があることに1万時間投資してみる

・権力や保障を手に入れるのではなく、自由を手に入れる

・組織内で自営業者を目指す

・家族と職場以外の居場所を見つける

すべてに看過されるわけではないですが、いろいろと考えさせられるとことがありました。

この本は繰り返し読んで、人生戦略のヒントにしたいと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。