【実体験】懸賞生活の実現性についての考察(9)これまでにかかった経費

実験的に行っている懸賞生活について、これまでにかかった経費についてまとめました。

無題

期間は去年11月の企画スタートから、今日現在までの約半年です。

主な支出用途ですが、メインとなるのはハガキ代。これがないと応募ができません。他は文房具は装飾に使う蛍光ペンやマスキングテープ、それと官製はがきではなく専用はがきでの応募が必要な懸賞のための切手代などです。

合計費用は15,910円。ひと月当たりにすると2,650円。

あくまで今のところの話ですが、ビギナーズラックもあってかいろいろな懸賞に当たっているので、金額的に損はしていません。ただ、ハガキを書いたり応募したりする手間を考えると、効率が良いとも言えません。

純粋な趣味としてはアリだと思いますが、どうなんでしょうね。。。。

それよりも・・・・

何か当たるかもしれない!
次は当たるかもしれない!

・・・というムダな期待感が常に得られるのがポイントかと思います。毎日の生活の中でちょっとした刺激が生まれるので、その点については純粋に楽しい(^^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。