生活のパターン化のために毎日の時間割を作ってみる

f332e58c43b4fd3265ed5de16214cc5c_s

休日に下記の本を読みました。


以前に読んだことがあったので、再読ということになります。

真剣に読むという感じではなく、暇なときに適当にパラパラめくっていただけだったのですが、読んでいるうちにあるトピックに目が留まりました。それは時間割を作ってしまったほうが、生活がパターン化されて成果が出やすいという主張。

・一見窮屈そうだが、慣れてしまうと実はラク

・時間割をつくることでその時間を無駄に過ごさず有意義に過ごせるようになる

・その時間内で成果を出そうと考えるようになる

・作業効率が上がり、時間密度も高まる

そして筆者を含めて怠け者は行動がパターン化されていないと、何もせずに無為な時間を過ごしてしまう・・・・という主張。私にも覚えが大アリです。

幸いにも私の場合は、働く曜日も働く時間もある程度固定化されています。いまのところは急な出張等はありませんし、起床時間も就寝時間もほぼ一緒。なので時間割を作ろうと思えば作れそう。

ものは試し。さっそくゴールデンウィーク中に作成したいと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。