子どもの医療費は全額自治体負担ではなく免責制度を設けるべきではないか

e259fb7a66ca7b9b61e7d56385000120_s

子どもにかかる医療費については、多くの自治体で医療費の助成制度が設けられています。私の住んでいる自治体でも医療費は1回300円、薬価に至っては完全無料です。スゴイところでは22歳まで無料、通院だけではなく入院も無料というところもあるようですね。

子育て世帯にとっては大変ありがたい制度であることは確かです。我が家でも恩恵に与っているのは間違いありません。実際、ほとんど医療費はかかっていません。

ただ実際に利用してみると、この制度には歪みというか違和感を感じます。
恩恵を受けておきながらなんだよ!と思われるかもしれませんが・・・

やっぱり受診に対するモラルの低下が顕著ですね。。。。

なんといってもタダなので、病院に行く敷居が格段に低くなります。ちょっとしたことでもとりあえず病院に・・・ということになりがち。俗にいうコンビニ受診というやつです。薬についても同じで、マツキヨで市販薬を買うよりも、病院で風邪薬や塗り薬を処方してもらったほうがはるかに安いので、お店には足を運ばなくなります。会話の中でも「どうせタダなんだし行っとけば?」となりがち。小さい子ども、それも初めての子どもだったりするととにかく不安なわけで、ちょっとしたことでもすぐに病院となってしまうのは理解できますが・・・当事者の親はそれがちょっとしたことなのかどうかは判断できないですしね。

そしてこれはよく指摘をされますが、この助成制度によって小児科はいついっても混雑しています。もちろん地域によって事情が異なるかもしれませんが、私が住んでいるところを例にとると受付開始の時間と同時にネット予約を入れて1ケタが取れるかどうか…という状況。ネット予約をしないで来院すると、数十人は並んでいますし、ネット予約にしても開始して30分もしてしまえば3ケタになってしまうことも珍しくありません。

親切な医院であればネット予約の上に大まかな来院時間を教えてくれたりするわけですが、そういうシステムが整っていない医院であれば、惨状はいわずもがな…という感じです。

ここまでひどくなってくると、やっぱり無制限にタダ!とするよりもある程度は免責(一定額までは患者負担)を設けたほうが良いのではないかと思いますね。

免責制度等で自己負担を増やすと、「所得の低い人達が受診をしなくなる」「健康状態が悪化する」という指摘もあるようですが、それは所得に応じて負担割合を変えるなり、免責額の上限を設定するなりで対応できるはず。

この手の施策は導入するときこそ歓迎されますが、やめようとすると苦労します(あるいはできない)。個人的には小学校に上がるまで、あるいは18歳まで助成するとしても1割負担程度であれば受け入れるべきだとは思いますが、どうでしょうか。

コメント

  1. チャン より:

    その通りだと思います。
    国や自治体も先の事を考えて政策を決めて欲しいですし、私達も相応の負担を受け入れるべきです。
    家庭は収入があって支出出来るように、
    国や自治体も納税されてそのお金を福祉等に回せる。
    そこをよく考えてない人が多いと思います。

  2. a-neko より:

    はじめまして、超初心者のインデックス投資家ございます。いつも参考にさせていただいております。
    私、病院の中の人です。
    サービス提供側からです…
    小児医療費助成は、たしか今月くらいに、助成により小児入院を減らせた、という研究結果がでていました(一次資料確認しておりません、すみません)。政策的にこの一点がどれぐらいのインパクトをもつのかわかりませんが、このようなデータもでていますし、少子化のこの世で小児負担を増やすという方向にもっていくのはおそらく無理だろうと思います。
    一方、受診モラル低下が顕著なのは完全に同意します。私は小児科ではありませんが、高齢者でもまったく同じです。この問題はクロネコヤマト問題とか電通問題と根底を同じくする、過剰なサービス要求と、サービスに対して正当な対価を払わないという、根深いところにつながっています(他にもいくつかあると思っていますが本題から逸れますので割愛します)。
    もっとも、個人的には、同じく公が負担するのであれば、高齢者よりも子供に使ってほしいという思いもありますね…
    いずれにしても、サービスに対する対価、という意識がもっと広がってほしいと願っています。
    現場からは以上です。引き続き応援しています!

  3. あつのすけ より:

    保育園が過剰に反応する部分もあるんですよね。
    ちょっと湿疹が出たり、少し鼻を垂らしただけでも「病院で受診してきて下さい」と言われます。親としては「これぐらい子供なんて平気だって」と思うんですが、向こうからしてみれば、他の子に移りでもすれば園の管理責任が問われる、って事なんでしょう。
    コンビニ受診しかり、どうもリスク管理を先回りし過ぎのように思えます。子供の健康は出来る限り家庭で責任を持つ、ぐらいの気構えでいくべきと思うんですが。

  4. ポルシェ より:

    生活保護も同様ですよね。
    どちらも意義のある助成と理解していますが、モラルの側面からみるとタダはやりすぎ。
    人間の心理ってそういうものです。
    当事者に負担を求めるのが趣旨ではないことを示す意味では、1割負担、上限2千円程度に設計するのが妥当かと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。