普通列車のグリーン車は利用価値が高い

51229f63f446ff038581a7c29eee6706_s

先日、休日に家族でちょっとした遠出をしました。電車の距離にして自宅から1時間ぐらいのところです。

我が家にはマイカーがないので、移動手段はもっぱら電車です。普段は普通の車両に乗っているわけですが、距離も距離だったのでグリーン車に乗ってみました。

子供が小さいので大丈夫か?車内で騒いだりしないか?という漠然とした不安はあったのですが、結果的にはこれが大正解!普通列車のグリーン車は利用価値が高いと感じました。

・子供が景色に夢中になり、意外と行儀がいい(これはうれしい誤算)

・車内で飲食がしやすい

・車内が快適

・そこまで高くない(事前購入の場合570円もしくは780円)

・子どもが仮に騒いだとしてもデッキに退避できる

・通勤定期券との併用が可能

新幹線や特急型車両であれば通常車両であっても前を向いて座れて、かつ飲食も可能なわけですから個人的にはあまりグリーン車の意味合いを感じません。新幹線G>新幹線普 であれば、普通電車G>>>>普通電車であるくらい、快適性に距離を感じました。もちろん、全体を見れば新幹線G>新幹線普>>普通電車G>>>>普通電車 という感じにはなるかと思いますが。

ただし以下の理由から平日の利用はおススメできません。

・観光需要よりも通勤需要が高く、移動に静寂を求めている層がいる

・単純に混雑する

・休日料金に比べて料金が割高

それと首都圏のJRグリーン車は2階建てタイプがほとんどなので、ベビーカーの持ち込みは想定されていません。禁止ではないものの階段があって移動が困難であり、かつスペースもないので現実的には利用不可です。

我が家にはマイカーにかかる維持費が一切かかりません。その分、電車の追加料金や、ちょいのりのタクシー代には躊躇しないで利用する方針です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。