フリーで働くことに対しての憧れと怖れ

ID-100201323

長らくサラリーマン生活をやっていると、フリーランスで働いている人を羨ましく思うときがあります。
ただそれが「隣の芝は青く見える」の典型例であることも十分に理解しているつもり。

フリーランスで働いている人に話を聞くと、「フリーになってよかった」よりも「サラリーマンのほうが気楽だった」「フリーになって初めて組織で働くありがたみを知った」という声をよく聞きます。

社会保険に加入できない、固定給がない(もちろん賞与もない)、信用がない、顧客に振り回される、立場が弱い、経費がかさむ、確定申告がメンドクサイ。。。云々。

たしかに現実は厳しいでしょうし、想像以上に大変でしょう。ただしそのぶん、達成感、充実感というものは会社勤めの人のそれとは段違いだとも思います。

起業したいという野心はないものの、フリーで働いてみたい。
そう思うこともしばしば。

やりたい仕事だけを自分のペースでこなすことができたら、きっと毎日も楽しいだろうし、健康にもいいだろうな・・・最近、そんな妄想をよくします。

成功率は低いかもしれないけど、こういうのって理屈じゃないんですよね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。