賃貸生活を始めるなら夏がねらい目!

d55215d04b572466f941d5f7d5e68b64_s

今でこそ住宅ローンを組んでしまいましたが、30代前半まではずっと賃貸生活でした。

初めての賃貸生活は、大学進学のころなので18歳。このとき、4月からの進学に備えて2月の後半から引越し先を探したわけですが、その際、「不動産屋がとても忙しそうだった」ということと、「大家さんが強気だった」だということが強烈な印象として残りました。考えてみれば1年のうちにもっとも物件が動く時期、つまり需要が高まる時期なので、貸し手優位です。

ところが引越しの時期を夏場に変えてみると、様子がまったく違ってきます。

進学や転勤がない時期なのでそもそも需要が少ないうえに、わざわざ夏の暑い中、引越しをしようとする人は稀です。よって不動産屋も閑散期になり、物件の斡旋活動も鈍ります(かわりに地域の大家さんへの営業活動を注視?)。また、この時期の空き部屋=年度末まで空き部屋である可能性が高いため、新築物件や立地に優れた物件でない限り、大家さんも強気に出れない事情があります。よって、値下げ交渉の余地が生まれますし、その場合の成功率もかなり高い。

いったん、夏に契約すれば2年後の契約更新のときも季節は夏。更新時期は常に閑散期であり交渉に適する環境になるので、好循環スパイラルに入ることができます。おまけに引越し業者もこの時期は弱気。

春先はじっと我慢して、夏のボーナスが出てから引越しを考える。

あくまで私の体験談をもとにした話ではありますが、実家から出たい、会社の近くに引っ越したいという方は、まさに今の時期を狙ってみるといいことが多いと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。