インデックス投資家あるある

d125d1b9462bcc053e070356c2535bb1_s

現在は更新が停止されているので少し残念な気がするのですが、のぼりさんのブログまったり資産運用で紹介されていたインデックス投資家あるある・・・が面白かったので、自分はどのくらい当てはまってしまっているのか興味本位で確認してみました。

・ファンドの運用コストだけでなく、普段の生活コストにも妙にこだわるようになった。

これは投資をする前からこだわりがあったので、当てはまらないですね…

・高いブランド物より、安くて良い物を買う

そもそもブランド物に興味が全くないのですが、あえて言うならそういうことだと思います

・ファンドの中身以上にコストと純資産残高が気になる。

これはあるある!

・インデックスファンドを話せる同僚、家族、友人が身近にいなくて結構孤独だ。

これもあるある。身近に話せる人はほとんどいません。多くの人が同じだと思いますが…

・奧さんまたは旦那さんに長期投資の話を持ちかけてもなかなか理解してくれない。

うちの奥さんは非常に理解がある人なので、これは当てはまりません。ありがたや。

・友人や同僚の話で「投資」の話題が出るとついつい聞き耳を立ててしまう。

これはあるある。でもインデックス投資が話題になることは100%ないですな

・個別株式のみで運用している話を聞くと、心の中では「おいおい大丈夫か?」と思ってし

まう。

投資スタンスは人それぞれなので、何とも思わない。もっとやれ~と思います 笑

・長期投資をギャンブルだと、誤解をされることが多いと感じる。

長期投資かどうかは関係なく、投資=ギャンブルだと思う人はまだまだ多いと感じます

・確定拠出年金、NISA、ふるさと納税、ETF、インデックスファンドの話題は大好物だ。

あるある。この中で一番楽しいのは、ふるさと納税ですね! 

・長期投資をしている人とは、親近感が沸いてすぐ仲良くなれる。

親近感は沸くけど、仲良くなれるかどうかは別 (笑)

・銀行員や保険販売員が信じられなくなったことがある。

はじめから信じていません。相手も商売だから仕方ない

・普通預金100%が絶対一番良いと考えている人とは、申し訳ないがお金の話が合わない気

がする。

これはない。運用の面で話が合わなくても、節約法など別の分野で話が合うことがある

・友人や親戚などが金融業界でファンドを取り扱っている場合、話はしたいけどかなり気を

遣ってしまう。

勧誘されたら断りづらいので、できれば近づきたくない・・・特に保険

・積立投資で少しづつ資産が増えることが日々の楽しみで生きがいになっている。

最近は良くも悪くも慣れてしまって、何も感じなくなってきた…

・「株高円安」という響きが嬉しい。

これは全然ない。世界同時株安のほうがワクワクします(安く買えるぞ!)

・インデックスファンドを買っていると物欲が無くなる。

そもそも物欲が小さいので、回答不可

こんな感じになりました。

はっきりとYES NOで答えるのが難しい題目もありましたが、共通する項目も多くありました。

許容できるリスクの度合いや、日々の暮らしぶり、性格的な問題など、一概に決めつけられる内容ではないかと思いますが、似たような「あるある」を感じている方は多いかもしれませんね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。