夏の一人旅(神奈川県横須賀市)

注 資産運用とは全く関係ない趣味の話です。

私の趣味の中に一人旅があります。独身時代はそれこそ何の制約もない自由の身だったので、東京から稚内、あるいは長崎の方まで電車を乗り継いで行ってみたり、あるいは何の予定も決めずにふらふらと行きたいところに行ってみたりと好き勝手に楽しんでいました。学生時代だけではなく、社会人になってからも変わりません。

去年とおととしは甲子園に行き、野球観戦をしてきました。高校野球は本当に面白いので今年も3年連続の参戦を狙っていたのですが、運悪くタイミングが合いませんでした。8月上旬に休みを確保していたのですが、直前に台風が来る&試合も順延ということで、急遽行先を変更。普段からこういう事態も想定して、キャンセル料がかかるようなホテルには宿泊しません。

近場になってしまいましたが天気が安定していた関東地方を選択。鎌倉、逗子、横須賀方面であれば自宅の最寄り駅からも乗り換えなし&グリーン車でまったり行けるので、何の予定も立てずに散策してみることに。

行先については車内でスマホをいじりながら検討。
その中でこの記念艦が目に留まりました。
記念館ではなく記念艦というところがポイントです。

世界三大記念艦 三笠

日露戦争時に活躍した実際の軍艦の内部を観れるということで、それだけで歴史好きにはたまりません。横須賀駅からはやや遠そうですが、ぶらぶら散策するにはちょうどいいということで、ここを目標に設定。

さて行ってみた感想です。

中心駅は横須賀中央駅(京急)だった
これは実際に住んでいる人か、鉄道に詳しい人じゃないとわからないかもしれないですね。JR横須賀駅に降り立った時に、駅前=すぐ海だったので、イメージと違いました。後で歩いてわかったのですが、街の中心は京浜急行の中央駅でした。私は詳しくはわかりませんが、JR線より京急線のほうが先に敷かれたのかもしれません。両駅はバス路線でつながっていますが、あえて歩いてみると20分くらいかかりました。

横須賀はドルが使える街だった
商店街のいたるところに「ドルが使える街 横須賀」というのぼりが。海外旅行で余ったドルの処分に困っている方、何かの機会で横須賀に訪れた際は使い切るチャンスです(笑) 横須賀がこうであるならば座間や三沢など、基地を抱えている他の街も同じようにドルは使えるのでしょうか。ちょっと気になりますね…

米軍が軽自動車に乗っていた
海沿いに米海軍基地があるわけですが、軍関係者と思われる人が基地への出入りの際に軽自動車を利用しているのを何度も見かけました。お給料は悪くないと思うし、体型から考えると窮屈そうに見えるんですが、結構人気なんですかね?

高齢者には厳しい街?
中央駅から海側にしか平地がなく、坂道が多いという印象でした。街中は都会的ですが、実際に住むのであれば車が必須になりそう。高齢者には住みにくい街のような気がします。実際に調べてみると横須賀市は県内の中でも特に人口減少が加速している様子。東海道からズレた位置にあることも一因かもしれませんが、坂が多くて住みにくい、定住が難しいという側面もあるような気がしました。

記念艦は中国人だらけ?
記念艦のなかにもインバウンド効果なのか、外国人が目につきました。中でも圧倒的だったのが中国系の方。歴代の日本の軍艦レプリカが展示されているコーナーがあったのですが、複数の若者がなにやら熱く語っていましたし、中年の観光客の集団も、熱心に見入っていました。

中国では反日教育が徹底されているので「こんなものは見たくもない!」「こんな場所には来たくもない!」という感じだと思っていたのですが、そうではなさそうですね。なんか普通に楽しんでいるように見えましたが(笑)

最後にせっかくなので、途中で撮った写真を載せます。

P_20170806_104240

P_20170806_105121

P_20170806_135619

P_20170806_110032

P_20170806_133312

P_20170806_141443

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。