JR東日本の普通車グリーン券はクレジットカードの特典でもらうのがおトク

我が家は自家用車を所有していないため、通勤はもちろんですが、休日の外出時についても移動手段はもっぱら電車ということになります。一応首都圏の主要路線であるため本数や終電の時間には恵まれており、不便に感じたことはありません。

休日等、家族で電車に乗るとき、子どもが小さいこともありどうしても荷物が嵩張るので、グリーン車を利用する機会が多いです。節約の観点からはあるまじき行為なのかもしれませんが、ゆっくりとできること、荷物置き場に困らないこと、それと小さな子どもが景色をみて静かにしてくれるので、これらの快適性を確保できると思えば、費用については納得できます。何よりもストレスがかかりませんし、車を維持するための費用に比べれば、許容範囲です

普通列車のグリーン車については、過去にも何度か取り上げています。

月10回のグリーン車通勤

普通列車のグリーン車は利用価値が高い

さて私の場合、一般の方より電車の利用頻度が高いということもあるので、JR東日本のビューカードを所有しています。還元率もそこそこあり、定期券と一体化している点が便利ですし、オートチャージの設定ができるので、手間からも開放され大変快適です。

そしてこのビューカード、400ポイントが貯まると1000円分のチャージができます。
1ポイントあたり2.5円ということですね。

他にも商品や別のポイントに変換できるわけですが、おおむね上の基準を上回ることはありません。使い道に困った場合は、電子マネーにチャージするのが無難でしょう。ただし例外がいくつかあり、明らかに還元率が2.5円を上回るものも存在します。

その1つが、普通車グリーン券への交換。
こちらは400ポイントの消費で、普通車グリーン券が2枚もらえます。

P_20170907_220244

▼首都圏のグリーン料金(JR東日本サイトより)
無題

料金表を見ればわかりますが、最安の短距離ホリデー570円として使用したとしても1000円超えですから、Suicaチャージ以上の還元率です。長距離になればなるほどお得になりますね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。