「つみたてNISA meetup in 東京」に参加しました

昨日、金融庁で行われた つみたてNISA meetup in 東京 に参加してきました。

名前は変わりましたが、以前から開催されていた「個人投資家との意見交換会」の流れを踏襲しており、先日行われたつみフェス名古屋で開催された意見交換会をあわせると、実質的には7回目の意見交換会でした。

P_20171020_185904

私は第3回と第4回、そしてつみフェスに参加しています。

関連記事)

金融庁「第3回個人投資家との意見交換会」に参加してきました

金融庁「第4回 個人投資家意見交換会」に参加してきました

金融庁主催「つみたてNISAフェスティバル」に参戦してきました

3回目と4回目で使われていた大会議室ではなく、今回は中規模の会議室。人数は50名程度だったでしょうか。私個人としてはこのくらいの距離感のほうが、聞きやすいと感じました。

つみフェス参加者からのアンケート結果

初めに金融庁の方から、先日のつみフェス参加者のアンケート結果を紹介されます。
それによると…

・参加者の半数は20代と30代!

・参加者の約4割は女性

・参加者の4割は投資初心者(経験3年未満)

当局としては思ったより参加者が若く、女性が多く、初心者も多かったというのが印象だったようです。

内容については全体的には好意的な意見が多かったようですが、やや専門的すぎる点(玄人向け)を指摘する意見もあったようです。また初心者と玄人を別に分けて開催するべきという意見もありました。第2回目の開催についても希望があったようなので、金融庁もそこは頑張ってくれると思います!

職場NISAの課題

職場NISA(職域NISA)というものがあるそうです。私は恥ずかしながら単語でしか聞いたことがありませんでしたが、要するに給与天引きできるNISAということです。現在の一般NISAでも制度自体はあるようなのですが、導入企業はわずか6000社。日本全体の1%未満です。しかも1社あたりの積立金額は平均3.7万円ということでした。1人じゃなくて1社ですよ!つまり1社に1人か2人しかいない…導入している企業が1%未満、、、、さらに利用している従業員はその中の1%未満かもしれません。その程度の普及率ということです。

普及が進まない要因として3つ挙げられていました。

  ・企業側の事務負担

・導入のメリットが少ない

・多くの企業が従業員の資産形成に消極的

これについては金融庁でも憂慮していて、企業の事務負担を軽減する仕組みを作ったり、より一層の啓発活動を続けていくとのことでしたが、それでも事務負担がゼロになることはないでしょうし、率直に言って目に見えるメリットがなければなかなか普及は難しいと思います。

しかもこのメリットですが、会社側が受けられるメリットと、従業員が受けられるメリットの双方がなければうまくいかないと思います。この場合、どんなメリットがあれば導入を考えますかね…この点についてはなかなか良い案が出ないのが正直なところでした。

私は上記3つの理由のほかに、普及を阻害する要因があと1つあると思ってます。それは、そもそも職場の人に投資をやっていることを知られたくない層がいるという事実です。日本人はお金の話をしたがりませんから、誰かに知られることに抵抗を感じる人が相当数います。たとえ経理の人にしか知られないとしても当然担当者はどんどん変わっていきますし、誰かが口を滑らすとも限りません。財形貯蓄であればなんとも思われないかもしれませんが、「あいつは投資をやっているらしい」という評判が立つのはまだまだ一般的にはイメージが悪く、色眼鏡で見る人が多い、もしくはそう思われてしまうと心配する人が多いのが現実です。

結局どうすれば普及は進むのか

いまのところはiDeCoもNISAも(こういう場を除いて)大して盛り上がっていませんが、対照的なのはふるさと納税。こちらは目的が資産形成ではないかもしれませんが、節税効果があるという点では同じです。ふるさと納税はなぜここまで一気に普及したのか。

別に総務省が告知に力を入れたわけではありません。「これはおトク」だと誰かが気づき、その情報が拡散され、盛り上がってきたところでメディアが追随。ネット上でも特集サイトが作られ、誰でも情報に接することが出来るようになりました。約1800ある自治体も総務省に言われるまでもなく宣伝・告知に力を入れています。この例からもわかるように、結局上からの宣伝(この場合は金融庁や職場)ではなく、横から下からの展開のほうが強いということだと思います。この導線に火が付けば、あとは情報化社会ですから勝手に普及が進んでいきます。それとふるさと納税は公共性が強い(いちおう寄付です)ので投資と違って後ろめたさがないというのも普及の援護射撃になったのかもしれません。

制度の趣旨やビジネスモデルが異なるので同じような仕組みをNISAで作ることはできないわけですが、今までのようなありきたりな方法・・・・啓発します、講師を派遣します、金融教育をします、職場でもできます・・・では普及が(少しずつしか)進まないわけですから、発想を変えた思い切った取り組みが必要かと思います。

まっ、それがわかれば苦労しないですが…ただ、予算の限りもあるでしょうがここは投資と違ってコツコツではなく、リスクを取って集中投資してほしいですね!


今後は地方展開、そして女子部!の開催へ

つみたてNISA meetupは今後は大阪や札幌など地方へも展開していくとのこと。また来月では東京で女性限定の会も開催されるとのことです。meetupの女子部ですね!

会を重ねてくれば意見が集約され、よりよい普及のための告知方法が見つかる期待も高まります。ブロガーはもちろん、初心者歓迎のイベントとなっていますので、興味がある方はぜひ参加をおススメします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。