資産状況(2017年11月度)

毎月恒例の資産状況の公表です。

無題

先月末から急激に株高となった影響で、リスク資産が膨らみました。

結果だけを見れば資産形成は順調そのものですが、いつまたリーマンショックのようなことが起きないともかぎりません。事実、アメリカや欧州は金融の緩和政策を見直しており、バズーカを放ち続けている日本には然したる出口戦略もなく、行き詰っているようにも感じます。

常々、リスク資産の3分の1は明日にでも吹っ飛ぶかもしれないくらいの気持ちでやっています。そうなったとしても動揺しないような程度のリスクを取っていますし、あくまで「長期」での投資が目的なのであって、直近の株価や基準価格に一喜一憂はしません。それどころか最近の株高で、買いたいと思っていた企業の株価も割高に映ってしまい、ちょっと”ツマラナイ”なと感じています。だからといって暴落を望んでいるわけではありませんが、次の下落機を悠然と受け流すことが出来れば(かつ猛然と買い付けに走ることができれば)、一気にセミリタイアが近づくとも思っています。要するにどっちにころんでも大丈夫なように心構えをしておきましょう・・・ということですね。

関連記事
暴落時に冷静な投資を継続できればセミリタイアはぐっと近づく

そろそろリバランスが必要かもしれない

とはいえ急激な株高によって、自分が目標とするポートフォリオからやや乖離してきていることも確かです。よってリバランスを検討しなければならない可能性も出てきました。まずは今の資産配分の期待リターンがどのくらいで、かつ潜在リスクがどのくらいあるのかを確認します。そのうえでリバランスが必要な場合はファンドの売却ではなく、積立額の内訳を変更したノーセルリバランスで対応します。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。