世界遺産検定2級を受験してきました

完全に趣味の話ですが、先日「世界遺産検定2級」を受験してきました。

もともと地理歴史は得意だったのである程度は楽しく覚えられるんじゃないかと思ったことと、やっぱり世の中を広く知りたい、いつかは世界一周したいという願望もあるので、その時により感動を大きくするためには、自分が何を見ているのかを知る必要があると思ったのが動機です。

級は4級から1級まであり(その上に1級マイスター)、1級以上はすべての世界遺産が対象(1000以上)、2級は目安で300遺産、3級は100遺産、4級は30遺産となっています。因みにマイスターは論述試験なので、丸暗記は通用しません。

初めはいきなり1級を受験しようと思ったのですが、1級の受験資格は2級合格者。ということで今回は2級に挑戦してきました。公式参考書を購入し1ヵ月くらい読み流していただけですが、高校までの地理、世界史の知識で解けるものも多く、また結局はマークシーなので、多分合格圏内だと思います。「地図好き」「歴史好き」「遺産好き」「旅行好き」など、どれかに当てはまる方であれば2級は大丈夫でしょう。

引き続き1級にも挑戦したいのですが、こちらは全範囲が対象なので覚える量が膨大。というかまともに覚えようとすると嫌になることは確実なので、どうしようかと考え中です。世界遺産は毎年登録されたり、削除されたりするのでリアルタイムの情報を追う必要もありますしね。

とりあえずは公式参考書を買って(これが2冊もあって分厚い・・・)、暇なときに「読書」をしたいと思います。間違っても勉強しよう、覚えようとは思わないこと。しんどくなると投げだすだけなので気楽に気楽に…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。