我が家の消費税増税前の駆込み購入

家計管理/節約

10月から消費税が10%に増税されました。

数日たちましたが、実際にはキャッシュレス還元も始まっているので、日常的な支出についてはあまり増えたようには感じません。また幼児教育無償化が始まりましたので、通園中の子供がいる我が家は恩恵を受けることができています。

関連記事)

2019年度後半からの幼児教育無償化が決定!我が家への影響を整理する【前編】

2019年度後半からの幼児教育無償化が決定!我が家への影響を整理する【後編】

もっともキャッシュレス還元は来年6月までの時限措置にすぎませんので、その後は痛税感を感じることになりそうですが。。。

 

さて、消費税が増税される前に駆け込み需要ということで以下のものを購入しました。

スマートフォン

フリーSIMスマホを夫婦2人分で2台更新。いずれもAmazonで購入。キャッシュレス還元は家電量販店や通販サイトでは適用されませんから、増税前に購入してしまおうというモチベーションが働きました。ミドルスペック機ですが、必要十分の機能・性能です。

 

モバイルPC

先日、使用していたノートPCがいきなりのアクシデント。内臓のリチウム電池が膨張し、いつショートしてもおかしくない状況に陥ってしまいました。

関連記事)パソコンの経年劣化がいきなり来た・・・

確認したときは正直がっかりきましたが、5年近くも使用していたこと、そして増税前だったのでタイミング的にはここでよかったのかもと思い直すことに。購入したPCは旧PCと同じNEC製で操作周りに不安はありません。カタログでは学生向けのモバイルPCという触れ込みですが、狭枠ベゼル採用、メモリ8G、256GのSSD、第8世代のCOREi5、officeは最新の2019ということでスペック的には問題なし。キーボード側も狭枠ベゼルとなっていて余裕があるキータッチができる機種なので、よかったと思います。

こちらは家電量販店で購入しましたが店頭価格148,000円だったものが、即決を条件に値下げ交渉を行い、税込みで133,000円まで頑張ってもらいました。

このほか、付与されたポイントでモバイルバッテリーや充電池および充電器を購入。目的はズバリ停電対策。先日、千葉で大きな被害を出した台風15号の教訓です。また、最近は子どもが電池を使うおもちゃでよく遊ぶようになってきたので、いちいち買い替えるのが面倒になってきたという事情もありました。

上記2点以外の日用品の駆け込み購入などはほとんどなし。単価が安い分節税分もしれてますし、キャッシュバック還元や軽減税率の対象なものがほとんどのはずだと考えていたので、様子見を決め込みました。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました