旧PCの活用(後編)分解してバッテリーを外してみる

その他

前回の続きです。旧PCですが、分解してバッテリーの除去を試みることにしました。

捨ててしまうのは簡単ですが、もう片方のPCが壊れてしまったときのバックアップにもなるので、このまま活用することにします。早速開けてみると…

画像でも何となくは確認できると思いますが、もうやばい!っていうくらいバッテリーがパンパンに膨張しています。こんなに膨らんでいるんじゃ、躯体が安定しないのも当たり前です。

下図の黒い部分がバッテリーなんですが、このバッテリーを固定しているコネクタの部分を慎重に外していきます(簡単には外れないので、結構強引な作業になります)。ちなみにこのPCの場合は、3か所で固定されていました。そもそも固定すらされていないPCもあるので、その場合は難易度が下がりますね。

バッテリーをはずしました。

バッテリー除去後のマザーボードがこちら。

経年の影響でごみがたまっていたので、エアー等で除去し、きれいにしました。その後、ネジを締め直し、PCを再起動。動作に問題ないこと、データ等についても無事であることを確認しました。

筐体も安定し、いい感じです。私の場合、最近は動画視聴やネットサーフィンもスマホが中心なので、Cの役目はブログの作成や書類の作成など、作業的なものに限られています。この程度であれば、まだまだ現役で頑張れそう。もともと750g程度しかない軽量PCですが、バッテリーも外してしまったので、500g以下の超軽量PCになりました。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました