台風15号の教訓から行動したこと

時事/雑感

先日、千葉県に大きな爪痕を残した台風15号。私も千葉県に住んでいるので他人ごとではありませんでした。停電にこそならなかったものの、出勤が制限されたり住んでいるマンションに被害が出たり、、、、因みにマンションの共用部の修理は、修理できることは決まったものの、業者のスケジュールが抑えられず、年末にズレこみそうです。

関連記事)我が家における台風15号の影響

常日頃から自分なりに災害対策を意識しているものの、個人的に今回の台風被害は想定外でした。特に県内の半数以上の地域が1週間以上停電していたのがショックで、東京の隣の千葉でもこれか…というのが正直な感想。よく3日分の水と食料は確保しておけ!というのを行政から言われますが、これに「電気」の確保が加わった感じですね。

今回の台風被害を教訓として、以下の通り取り組みました。

 

防災マニュアルの改訂

我が家の場合、災害時の防災マニュアルを作成しています。このマニュアルの内容を再度精査し、必要な情報を加えたり、内容を見直すなどしました。

※指定の避難場所

※指定の給水場所

※公衆電話の位置

※想定される災害リスク(ハザードマップ)

※備蓄されているもの

※避難の際に持ち出すもの

※緊急時の連絡先(親族、職場、金融機関、行政機関など)

※火災保険の保障内容

※地震保険の保障内容

※マンション内の防災体制、備蓄用品

※生活再建に使える制度の確認

 

備蓄用品の棚卸し・追加購入

備蓄している食料、飲料水及び災害時に利用するであろう備品について再度確認し、不足しているものについては購入・補充しました。マンション住まいの場合は、停電=断水になる可能性が高いので、「飲料水」や「簡易トイレ」などは特に注意しました。

 

停電対策の強化

いままであまり考えていなかったんですが、今回の台風の一番の教訓がこの停電。さすがに自家発電機を購入したりする費用やスペースはありませんが、最低限身の回りの電源、とくに情報収集に役立つスマホやPCの電源だけの備えはしておこうということで、モバイルバッテリーや充電池を購入しました。使い方にもよりますが3日間程度であれば何とかなるはず。電池からスマートフォンに充電できる機器も購入したので、スマホだけなら1週間以上でも対応できるようにしました。

 

台風は地震と違い、事前に進路や被害の予想について情報を得ることができます。どこまで想定するのが万全の備えになるのかはわかりませんが、できるだけのことをして「想定外だった」という状況をいかに作り出さないかが勝負だと思います。

なお15号の後に襲来した19号ですが、この台風でも一時的に停電を喰らいました。台風上陸前の停電だったのでそれこそ「想定外」でしたが、1時間程度で復旧したので難を逃れました。。。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました