ふるさと納税のお米の返礼はまだまだ還元率が高い

税金/年金/保険

2020年最初のふるさと納税を行いました。寄付先は熊本県の長洲町。13,000円の寄付に対して、返礼品として15キロのお米がもらえます。これを2口。

2017年に総務省が各自治体に対して「返礼品の還元率は3割以下に」という方針を通知しているようですが、(そもそも返礼率をどういった基準で計算しているのかわかりませんが)私がいつももらっているお米についていえばまだまだ3割を越えて放置されている自治体が数多くあります。

たとえば上記、熊本県長洲町のお米ですが、1口13,000円の3割は3,900円です。15キロものお米をこの値段以下で買えるところは見当たりません(季節によって変動はあるんでしょうが、2月10日現在、楽天市場で最安を検索しても4000円台からです、、、、)。他も似たようなもんでしょう。家の近くに食材が安いと評判のドラッグストアがありますが、そこでも10キロで3000円、単純計算15キロで4,500円程度が最安です。

総務省の通知が出る前は、1万円で20キロというのがお得な自治体としての目安でした。確か、1万円で23キロのお米をくれた自治体もあります。

懐古するわけではありませんが昔はよかった、、、笑

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました