定期預金が満期を迎えたので個別株を4銘柄購入

最近、預け入れをしていた定期預金が満期を迎え、まとまった余裕資金ができたので、久々に個別銘柄への投資を行いました。

NTT都市開発(8933)

ユーグレナ(2931)

ブックオフコーポレーション(3313)

丸善CHIホールディングス(3159)

いずれもキャピタルゲインはもちろん、ほとんどインカムゲインも期待していません。上記2つの銘柄は完全に興味本位、下記2つの銘柄については優待狙いの部分もありますがいずれも私がよく利用している書店の銘柄というだけの理由であり、純粋な応援の意味合いのほうが強い感じです。

個別株については完全に趣味と割り切っているので、株価水準や配当性向、将来性などはほとんど加味していません。面白いと思った企業、日常生活に係り合いが深い企業、応援したい企業などがあり、それがまだ投資していない業種であれば購入を検討する感じで考えています。

それと個別株は国内投資に偏っているので、バランスを取るために(いつも積み立てている)インデックスファンドへの追加投資も行いました。

・ニッセイ外国株式インデックスファンド  30,000円

・ニッセイ新興国株式インデックスファンド 55,000円

あくまでも資産運用の基軸商品は低コストインデックスファンドに置いているので、全リスク資産におけるインデックスファンド比率については、一定水準以上を保っていきます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。