20数年ぶりにディズニーランドに行ってきた感想

嫁さんと子どもにせがまれて、超久々にディズニーランドに行ってきました。どのくらい久々なのかというと、20数年ぶりです。

ディズニーは家から1時間もかからないところにあるので近いといえば近いのですが、私は正直なところそこまで好きなわけではないので足が向かわず。。。世界観が嫌いとかそういう理由ではなく、やたらと高い、いつも混雑している、結局疲れる…というネガティブな印象を持っていたので、無意識に避けていた気がします。友人とはもちろん、デートや付き合いでも行ったことがありませんでした。

どうせ行くのであれば、空いている平日に行くほうがいいだろう…ということで、ネットで調べてみると、1年間の混雑を1日単位で予想している便利なサイトが。そこで、「空いている」「仕事を休めそう」「天候が安定している時期」…等々をシミュレーションした結果、11月上旬が良いだろう…ということで行ってきました。

結果的にはこれが大正解で、待ち時間等で大したストレスを感じることもなく、アトラクションにも10種以上乗れましたし、パレードもいい場所で見ることができました。子どもは疲れたとぐずることもなく、十分に満喫できたような気がします。

費用についてはそれなりにかかりましたが、思っていたほどでもなかったという感じでした。チケット代については法人契約で大人1枚5,900円で調達し節約。昼食については確かに割高かもしれませんが、街のファミレスとそこまで大差があるかと言われれば、(場所にもよりますが)そんなこともないという印象です(値段的にはデニーズくらい?)。往復の交通費、お土産代、間食などを含めても2万円以内に収まりました。

20数年ぶりのディズニーとなり・・・つまりほとんど記憶に残っていない状態だったので、どこがどう変わったという印象はなく、新鮮に感じることができました。老若男女、客層は様々ですが、やはりインバウンドの効果なのか、外国の方も多かったように感じます。中韓や欧米系だけではなく、中東方面と思われる方、東南アジア風の旅行者も数多く見かけました。

因みにですが、うちの子が一番ハマった場所は、チップとデールのツリーハウスという場所でした。。。他にも面白そうな場所がたくさんあるのに、なぜか離れようとせず…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。