「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」の発表会に参加してきました!

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」の発表会に参戦してきました。当日のレポートというか、感想を書いていきたいと思います。

なお私も投信ブロガーの端くれとして、ファンドの投票はさせていただいています。

関連記事)「投信ブロガーが選ぶ Fund of the Year 2018」に投票しました!

会場は昨年に引き続き、東京都品川区の総合区民会館(きゅりあん)でした(最寄り駅は大井町)。個人的にはこの会場は自宅から電車でほぼ乗り換えなしで行くことができるので、ラクチンです♪

イベントは三部構成になっており、第三部がFOYの発表ということでメインとなっています。

第一部 「リーマンショックから10年/つみたてNISA」 アンケート結果発表

第二部 みんなの【声】を聞いてみよう!
    個人投資家が注目ファンドに寄せる
    「熱いコメント」一挙紹介!!!

第三部 投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017

以下、各部の感想です。

第一部はリーマンショックから10年ということでの、回想録でした。アンケート結果をもとにその当時を振り返るという企画でした。

私個人としては、登壇者のセロンさんが言われていた「むしろ下がったときに追加投資をしたくなるという欲との戦い」という部分に頷いてしまいました。さすがに10年以上投資をやっていると日々の価格の変動にはいちいち反応しなくなってきますが、それなりに下がってくる局面になってくると、「そういえば狙っていたあの株は買い時なのではないか?」「今なら口数を稼げるのではないか?」という欲が出てくることがあります。

ただこれについては感情を抑えようとしても無理ですね。あとは結果論になってしまいますが実際に追加投資してしまったほうが良い場合もあるはずなので、「理性」と「欲」の程よいバランスを模索していければと思います。

第二部はブロガーからの各ファンドのコメントをまとめた発表会でした。ストレートに思いをぶつけたものから、アナリストさながらの冷静な分析まで大変勉強になりました。

私はこのパートを聞きながら思ったのですが、コメントの比重が全世界株式や先進国株式に偏っていた気がして、これはこの2つの分野から相当数がFOYにランクインしてくるのでは?という推測を立てていました(結果を見れば当たらずとも遠からずといったところです)。

第三部はいよいよメイン規格であるFund of the Year 2018の発表会に!

結果は下記の通りとなり、前年から大幅に順位が変動する結果に!!

第10位 eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

第9位  楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)

第8位  eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

第7位  バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)

第6位  セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

第5位  eMAXIS slimバランス(8資産均等型)

第4位  楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)

第3位  eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

第2位  <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

第1位  eMAXIS Slim 先進国株式

公式ページには11位以下から20位までの順位も発表されていますので、あわせて参照してみてください(公式ページ Fund of the Year 2018 結果 )

設定時期やコストの低廉さなどから eMAXIS Slimシリーズが上位を席巻するのでは?という予感がありましたが、ベストテンに半分もランクインしてくるまでの躍進は、正直予想外でした。その躍進の陰では、ひふみ投信がベスト10から陥落、前年度FOYの楽天VTも大幅にランクを落とし、一時期低コストで話題となったたわらノーロードシリーズは20位以内にもランクインできず…という厳しい結果となりました。

発表会の後は懇親会!

懇親会は場所を移して隣駅の品川で。海側にある品川インターシティという再開発区の中にあるお洒落な会場でした。熱気は相当なものでしたが、昨年よりも会場のスペースが大きくなった分、快適でした。

当日は名刺を10枚以上用意していきましたが、途中の歓談で全てを配り終えてしまい、せっかくご挨拶した方、していただいた方に配れないという事態に。もう少し事前に考えて参加しておけば…と若干の後悔もありましたが、こうした場でいろいろな方とお話をしたり、知り合いに慣れたりするのは純粋に楽しいですね。

なお当日の様子は相互リンク先のスパイクさんの記事が詳しいですので、紹介しておきます。

【第一部「リーマンショックから10年/つみたてNISA」アンケート結果発表】

【第二部 みんなの【声】を聞いてみよう!個人投資家が注目ファンドに寄せる「熱いコメント」一挙紹介!!!】

第三部 投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018[1位から20位までの結果発表]

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year は、金融業界への忖度、売り手側の都合が一切入らない、投資家目線のイベントです。よって、少しでも、コスト競争力が落ちたり、運用面でおかしいこと(トラッキングエラーや説明がつかない投資方針の変更など)があれば、すぐに評価が失墜する厳しい面もあります。

投資は自己責任とはいうものの投資する銘柄に迷っているのであれば、参考にできるかと思います。なんといっても厳しい投資家目線にさらされている中で評価されているファンドということになりますから、それに値するファンドが正当に評価されて表彰されていると感じます。

実行委員会によると今回のFOYは投票者数(ブログ数)が過去最高になったとのこと。今後も大いに盛り上がっていくことを期待します。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。