情報公開に後ろ向きな商品・サービスを選択する必要はない

日頃の生活において、さまざまな情報を収集するにあたってネットでいろいろと検索をかけることがあるかと思います。もちろんツールはネットだけには限りませんが、ほかの媒体と比べて圧倒的に情報へのアクセスが容易というメリットは計り知れません。

ただ、情報の公開度合いが小さいと、私の場合はそれだけでその「商品」「サービス」を選択することにたいして後ろ向きになってしまいます。不信感とまではいきませんが、積極的に選択するモチベーションはなくなりますね。

たとえば、子どもが入園することになる幼稚園の費用の話。

相当のお金持ちか無頓着な人以外は、(可愛い子どものためとはいえ)何に一体どのくらいの費用がかかるのか…が気になりますよね。

ある園のホームページにはその通園中の費用について保育料(月謝)の掲載しかされていませんでした。入園料はもちろん、スクールバスの費用、給食費用、施設の使用料、教材費など…まったく知る術がありません。「詳しくは説明会の際にご確認ください」「ご不明な点はお問い合わせください」と注釈があればまだいいほうで、最悪なのは「入園後に改めてご説明いたします」や「その他臨時で徴収する場合があります」的なことが書かれている園です。こうなってしまうと、株価もわからず株を買う、値札も見ずに服を買う…のと何も変わりません。そんな不確かで後だしジャンケンのようなものに、どうして入園させるという契約を交わすことができるのか…という話です。

私の場合はこういった姿勢の園である時点でパスですが、どうしても入園させたいのであれば、電話や直接訪問するなりして、入園前に確認をすることだと思います(この時点で適切に対応してもらえるのであれば問題はないかと思います)

いろいろな園の情報を見てわかったのですが、しっかりしたところはきちんとその費用の全容を明らかにしているだけではなく、職員数や園児数、行事の予定表、スクールバスのルート、園長先生の経歴なども当たり前のように公開しています。すごい所になると財務状況も公開していますね。

それだけに情報公開に無頓着、あるいは後ろ向きな園については、

・公開できないような情報があるのではないか?

・公開すると園児が集まらないような理由があるのではないか?

・具体的にアピールできる強みがないのではないか?

…という感想を持ちます。

今回は例として幼稚園について示しましたが、学校情報、求人情報、商品情報、病院情報、会社情報なんかも同じような感じだと思います。説明に具体性や根拠がない場合、普通の消費者にはその真偽がはっきりしませんので、選択を避けたほうが無難です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。