連休を充実させるためにするべきこと1つ

改元に伴う幸運な10連休も、後半に差し掛かってきました。

職業柄連休にならなかった人も多いかと思いますが、休みに恵まれて連休だった方は、ぜひこの10日間の過ごし方について再度振り返ってみていただきたいと思います。

勿体ないな~と思うのは、「よく分からないうちに終わってしまった」「だらだらしているだけだった」という人。休みの過ごし方は人それぞれなのでとくに他意はないのですが、単純に残念だな~と思います。さらに一番まずいのは、「なにをやっていたかよく覚えていない」という人。働いていたほうがお金にもなって良かったのでは…という話になりかねません。

私は休日こそ計画的に忙しくしようと思っています。そしてあえてノルマ化します。理由はいろいろありますが、簡単に言えば自分の性にあっていますし、後から考えて後悔することが少ないからです。

関連記事)休日こそ忙しく生活するべき

休日が来る前に、その間に「何をするのか」「どこに行くのか」を計画しておき、実際にそれが達成できたかどうかメモをするようにしています。全部計画通りにできることは稀ですが、7割程度達成できれば及第点としています。

□散髪する

□飲み会の予約と下見をする

□休日明けにやる仕事(タスク)を整理する

□録画した番組の消化

□資産運用・家計管理の見直し

□ライフプラン表を作る

□地元のお祭りに参加

□子どもと毎日遊ぶ

□大掃除

□メルカリで不用品を処分する

□日帰り旅行に行く

□嫁の実家に行く

□誕生日プレゼントを買う

□オリンピックチケットのID登録を行う

□撮り貯めた写真を整理する

□毎日資格の勉強をする

□毎日運動をする

□酒を一滴も飲まないで生活する

他にも設定しているノルマはありますが、今のところ消化具合はいたって順調です。

子どもの頃の夏休みなんかを思い出せばわかりますが、10日間は長いようで、ダラダラしているとあっという間。ただでさえ年を取ると時間が経つのが早く感じられるものなので、日頃から時間の貴重さについては、意識しておく必要があります。

個人的には、スマホに時間の大切さがわかるアプリ(たとえば…あなたの「残り」の人生時計)を導入しておくことがおススメ。嫌でも意識できるようになりますよ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。