ニッセイの購入・換金手数料なしシリーズが信託報酬を値下げ・併せてiDeCo用の商品の値下げも期待したい!

投資信託/ETF/ETN

2019年6月27日より、インデックス投資家には根強い人気を誇るニッセイの購入・換金手数料なしシリーズの信託報酬が値下げされています。

プレリリースはこちら

 

対象となるのは以下のファンド。

 

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンド

<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド

<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド

<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)

<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド

 

私も同商品シリーズを運用の主力としているので、確実に恩恵があります。単純にありがたい。特にニッセイ外国株式インデックスについては、遂に信託報酬が0.1%の壁を破りました。ここまでくると、もはやETFに投資する必要はないかな~という感じです。

それと、後日、業界最安の信託報酬を謳っているslimシリーズも追随して値下げを発表しましたが、それ以外の商品はこの流れについていけていません。しばらくは2強時代ということになるのでしょうか。

 

つづけてiDeCo用の商品の値下げも期待したい!

しかし、今回の値下げ商品にDC対象商品は含まれていません。つまり、一般商品とDC商品との間に逆転現象が発生してしまっています。

DC用に販売されているだけで投資対象は全く同じ商品なので、このままiDeCo用の商品についても(少なくとも同じ水準までの)値下げを検討してほしいところです。

また個人的な意見ですが、新興国株式の分野も…と思います(笑)

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました