読書感想文『火災・盗難保険金は出ないのがフツー』

税金/年金/保険

先日、以下の本を読みました。

『火災・盗難保険金は出ないのがフツー』

保険はいらない、必要最小限でいい…という人でも大部分が加入することになる火災保険や傷害保険。どちらの保険もイザというときのためのものですが、その万が一の局面がやってきたとしても保険会社はなんだかんだと理由をつけて、支払いを拒否しようという姿勢がフツーであるという内容です。

支払いを拒否しようとすることがあるではなく、支払いをしないのがフツーというのは大袈裟な気もしますが、著者は実際に現場を熟知している弁護士先生ですから説得力があります。とうかこれが事実だとすればけっこうショックですね。。。損害保険に限らず、保険会社の不払い事件というのは定期的に報道されているので、もはや業界の伝統芸なんでしょうが。

実際にコトが起きてみないと分からないことも多いわけですが、コトは万が一の確率でしか起きないわけで、ほとんどの人は普段から保険金の支払い拒否に対して実感を持つことができません。また約款を隅から隅まで理解している人も一握り。そしてそもそも事故の判断を行う調査会社は保険会社から派遣される連中だということです。もちろん、保険会社側には百戦錬磨の弁護士が雇われており、何の対策もなく素人が太刀打ちできる相手ではありません。

保険会社からフツーにくる支払い拒否通知に対して、当事者がどう立ち向かうべきか、事前にどういった準備をしておくべきか、現場で何を確認しておくべきか…ということがエッセンスとしてまとめられています。

 

保険は入って安心…ではありません!

実際にお金が支払われることが安心!

 

投資とは違って、あまりほったらかしていいものではなさそうです。。。。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました