基本の基本をおろそかにしない(普通預金が貯まったら定期預金にしよう)

先日、普通預金をある程度まとめて定期預金へ預け替えを行いました。利用したのはメインバンクとして利用している住信SBIネット銀行の円定期です。

住信SBIネット銀行 円定期預金特別金利キャンペーン

キャンペーン金利で0.2%を貰えますので、普通預金に放置しているよりは明らかにおトクです。それどころか最低保証金利に張り付いている個人向け国債(10年変動)よりも金利が高いのでその点だけをフォーカスすれば、預け入れたほうがトク。他の銀行(たとえば地方銀行のインターネット支店)等をくまなく調べ上げれば、さらなる高金利を提供しているところも見つかるはずなので、あとは口座開設や管理にかかる手間暇との天秤だと思います。

インデックス投資は自動積立設定のおかげで、ほぼやることがありません。最近、それにつられて無リスク資産についても放置気味でした。満期解約された定期預金、ボーナスとして入金されたおカネなどそのまま普通預金に留まっていました。数万円程度であれば放置しても関係ないわけですが、ある程度まとまってくるとやはり定期に預けておくべきですよね。。。ファンドのコストにこだわる割にはこういうところで杜撰なのはなぜだろう(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。